てきすとぽいトップページへ
漱右になるのは君だ! 第一回赤シャツ文学賞
〔 作品1 〕» 2  4 
赤シャツ隊
茶屋
 投稿時刻 : 2013.07.27 16:00 最終更新 : 2013.07.28 15:30
 字数 : 2913
5
投票しない
更新履歴
- 2013.07.28 15:30:27
- 2013.07.27 16:00:16
赤シャツ隊
茶屋


 暑い。
 暑すぎる。
 白く燃える恒星が沈んでもなお、そいつが残していた光が空気の中で燃え盛ている。光が消え去てもなお、熱だけは一向に去てくれない。
 熱と水分の激しい抱擁のせいで、暑さは肌に纏わりついて離れず、じわじわと体の中へと染みこんでいく。そしてそれ以上行き先を失た熱は肉体をゆくりと蝕むように焼いていくのだ。
 脳は既に焼かれかかている。
 燃え尽きる前に、体を冷やさなければ。
 ビールが飲みたい。
 その一心で、バーの扉を開けた。
 生ぬるい風が外へ抜けていく。いつもどおり冷房はそれほど効いていないようだが、それでも外よりはマシだし、冷たいビールが飲めればそれで充分だ。
 マスターは俺が入て行くと同時にグラスに氷を入れ、瓶ビールの栓を抜いた。
 目の前にドンと置かれたグラスにビールを注ぎ、ゆくりと氷を揺らす。冷たさが手に伝わてきた所で、一気にグラスの中身を呷る。呼吸も忘れるほどに、ぐと喉を鳴らし、全身にビールを沁み渡らせていく。冷気と刺激と感覚が、全身を蘇らせていく。脳の中で幸福のシグナルで満たされ、至福の時が少しでも長く続いて欲しいと願うのだ。
 一息で飲み干すと、物足りんと言わんばかりに次をグラスに継ぎ足す。
 それも一息で飲み干すと、やと感覚を取り戻したような気がした。
 すると周りがよく見えてくる。
 いつもと違て愛想のないマスター
 いつも聞こえるはずの客の声が聞こえない。
 いつも見える人影が無い。
 だが、客はいる。俺以外にもう一人だけだ。
 カウンターに突伏した、赤シツの男。
 くそ、赤シツ隊だ。
 ビールにだけ注意を取られて気づかなかたなんて。俺としたことがとんだ失敗をしたもんだ。
 このビールを飲んだらととと出て行こうと心に決め、グラスに麦色を注ぐ。
 赤シツ隊は政府の犬だ。
 正式名前は共産融和主義平和戦線という。建国以来国の中枢を握る共産党の下部組織で、エリートではない叩き上げの若い連中で構成されている。
 本当かどうかは知らないが建国から国のトプに居る共産党の特等書記長を崇拝している保守派連中だ。特等書記長が本当に生きているとしたらもう二百歳は軽く超えているはずだが、一向に死んだという報は聞かない。それがますます政府と、この連中の不気味さを増させている。
 不気味だろうがなんだろうが、こいつらは俺の天敵だ。
 だから、逃げる。
 いつか勝つために。
 代金を置いて、店を去ろうとする。だが、そう簡単にはいかなかた。
「兄さん。もう終わりかい?」
 振り返てみれば赤シツの野郎がニヤニヤ笑てこちを見ている。
 おとなしく寝ていればいいものを。
「ええ、今日はちと家族に早く帰る約束をしたもんで」
 適当な嘘が口から自然と出る。
「なんだ。いいじないか。ちと付き合えよ」
 厄介なことになたと思た。もう一度断りの言い訳が口から出そうになたが、それも危険だと思た。相手の目つきは定まらず、完全に酔ていることが容易に見て取れる。何で怒り出すかもわからない。怒りに任せて拘束されるかもしれない。権力を笠に着て、自分勝手な鬱憤ばらしに「反政府的」だと、勝手に決めつけられて。
「ええ、わかりました。では、すこしだけ」
 この選択が得策かどうかはわからなかたが、少なくとも相手の顔には怒りが浮かんでいない。
「よし、いいね。マスター
 赤シツはビールをそれぞれに一本注文すると、お互いにビールを注ぎ、乾杯をする。こちはちとも乾杯なんてしたい気分じないのに。
「こうも暑いと働く気になんてなれんね」
「はあ」
「俺も仕事を投げ出してきたよ。こんな糞暑いのに、要人の警護なんてやてられん。なあに、俺一人抜けた所で変わらんさ」
 赤シツ隊にしては意外な言葉だと思たが、だが、結局こういう連中が役人になるからこそ国が腐ていくのだとも納得がいた。違反を見逃す代わりに賄賂を受け取り、小賢しく動きまわて私腹を肥やす。自身の能力は大したことがないくせに、自分の所属する場所の権力は最大に利用する。
 小物だ。
 だが、俺の警戒心は去たわけではない。それを見透かすように赤シツは言た。
「緊張してるか?安心しろ、と言てもできんだろうがな。俺は今日はもう、仕事をする気が無い」
「はあ」
「さきから、はあ、ばかだな兄さん。」
「すいません」
「いいよ。いいよ。飲みな。飲みな」
 意外と気さくなやつかもしれないと思い始めるが、警戒を緩めないように自戒する。
「どこ出身だい?兄さんは」
「ええとリンムジ省のボジド県です」
「ほお、こり奇遇だね。俺も同じだよ。同郷の偶然の出会いを祝して乾杯だ」
 赤シツは静かにグラスを傾ける。
「俺はね。俺の家はね。貧乏だたんだ。俺はその貧乏が耐えられなかた。貧乏が嫌で嫌でたまらなかた。毎日同じ、芋ばかり食て、耕す畑の作物は俺達は食えず、都市の連中の口に入る。許せなかた。都市の連中がじない。貧乏がだ」
 赤シツの目は遠くに見ているかのようだ。遠くの、大きく離れてしまた過去を、目を凝らしながら思い出すように。
「だから、俺は家を出た。けどな。都市に出たからて金持ちになれるわけじない。貧乏は貧乏のままだ。登ていかなくちいけないんだ。登ていかなくち樹に実た果実には手が届かない。都市には色んな連中がいて、皆必死に手を伸ばしていることを知たよ。でも、俺は諦めなかた。登てやるて。それで、俺はまずは梯子を使うことにした。まあ、学もコネもねえからな、大した梯子は使えねえ。でも、こんな俺でも使える梯子があた。それがこれてわけさ」
 そういて赤シツはシツの肩口をくいと引て見せる。
 狂信的と言われていた赤シツ隊にもこういう男がいるのかと新鮮な驚きを覚えた。上に登るための道具として、あえて政府の犬になる。赤シツ隊に所属していれば、問題を起こさない限り地方の役人ぐらいにはなれるだろう。この男は政治的信念などという理由ではなく、経済的に上へ向かうために赤シツ隊を利用しているのだ。
 自分とは全く異なる境遇と信念を持つ男に、俺は親しみを覚え始めていた。
 ビールを口に含みながら、少し笑う。
 ふと携帯の振動音が聞こえてきた。自分のかと思い、ポケトから取り出してみたが鳴てはいなかた。赤シツの携帯だた。
 サボりがばれたか、と俺は苦笑する。
「ああ、ああ、そうか、終わたか。ああ、わかた」
 全身の血の気がひいた。声に全く酔ている気配がない。赤シツのほうをちらりと見ると、その目はしかりとこちらを見据えていた。
 酔たふり?
 まさか?
 何のために?
 何もまずいことは言ていないはずだ。
「おい、阮和」
 はとして赤シツの顔を見る。何でコイツは俺の名前を知ている。
「そう驚いた顔を、するな。俺の仲間から連絡があた。お前の家から反体制組織に関する資料が多数見つかたそうだ。詳しい話を聞きたいんだがな」
「くそ、始めから、騙しやがたのか」
「騙した、か。そうかもしれんな」
 赤シツは銃口を俺に向け、立ち上がるように促す。
「けど、嘘はついちいないさ」
 その言葉はどこか寂しげに聞こえた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない