てきすとぽいトップページへ
よくあるお題系創作大会ですよ
〔 作品1 〕» 2 
清い心で行きましょう
茶屋
 投稿時刻 : 2013.07.17 22:18
 字数 : 1374
5
投票しない
清い心で行きましょう
茶屋


 そうだ。呪てみよう


 と思い立たのはいいが、呪いというのはどうすればいいのか全く知らない。
 いや、嘘だ。
 知てる。
 古典的なものならば。
 例えば丑の刻にバンダナを巻いて懐中電灯を上に光が向くようにくくりつけ猟銃を持て神社に向かいお参りするとか言うやつ。
 なんか違う気もするが、そんな感じのやつだ。
 だけどそんな恥ずかしい真似をする気は到底起きない。
 もとカジアルで、楽な奴。上に述べたものがカジアルでなくてフマルなやり方かは知らないが。
 呪てみたいけど、
 どうも面倒くさそう、
 ちんとした道具が必要なんでしう?
 そんなあなたにこちら!
 なんて深夜のテレビシピングでやてるようなお年寄りにも優しそうな呪いの方法は無いものだろうか。
 そもそも、どんな呪いをしたいのだろうか。
 相手を苦しめたいのは当然なのだが、その苦しめたいという事項はあまりも漠然としているし、具体的な手法を提示しなければ呪いを叶える神様も困てしまうだろう。
 叶えるのが神様なのかどうかは知らないが。
 いや、あ、すいません。神様、私信じてます。まじ、信じてます。尊敬してます。
 あれ、そもそも神様だたら願いが呪いであれなんであれ叶えてくれるのではなかろうか?
 でも、今まで何度も祈てきたのに願いが叶えられたことなんて一度もない。
 あ、いや、決して神様を信じてないとかそういう訳じなくて、たまたまてやつですよね。何となくそう感じるていうか。
 神様が叶えてくれるんだたら、願えばいいだけだよな。
 でも、どうやて願たらいいものなんだろう。
 今までのハズレもきとこちの願い方がまずかたに違いない。
 どうすればいいのか。確か町で見かける黒い看板には清い心がどうとか書いていたような気がしないでもない。
 けれども清い心て一体なんだ。
 うーん。
 乙女のような純真さ、とか?
 だけど、そんなものどうやて取り戻せばいいのだろう。あ、もともと持てたかていう話は別にして、ね。
 うーん。
 まずは格好から入てみよう。
 何事も形からだ。
 確か高校の時の制服が何処かに……これじない……お、あた。き、れ、るよね?

 うん、着れた。なんとか。ギリギリ。
 
 で、いくら待ても純真な心は戻てこない。
 やぱりもともと持ていなかたんだろうか。
 そんなはずはない。高校時代は奥手だたし、彼氏なんていなかたから、純真だたはず。多分。おそらく。ある程度。
 あれか。
 お花畑か。
 馬鹿、じなくて純真ぽいし。

 チリンコでお花畑というか、草むらにやてきたわけだけど、虫がいそうだし、中に入りたくね
 でも、これも呪いためだし、仕方あるまい。
 純真さを醸し出すために引張りだしたホコリだらけのぬいぐるみを片手に草むらを突き進む。
 で、どうすればいい。

 無だ。
 心を無するんだ。

 師匠ぽい音声が脳内に流れる。
 そうだ。無だ。
 無に。
 けれどもいきなり無にしろだなんて言われてもできるわけがない。
 それでも頑張ろうと思て、目をつむたり、星空を眺めたりしてみる。
 星空はとても綺麗だた。
 きらびやかに散りばめられた光の破片が、とてつもなく大きな空に散りばめられている。
 あ、流れ星。

「あいつが死にますように 死にますように 死にますように」

 3回言えた。
 これでバチリ。相手も呪われるに違いない。


 あれ、なんでこんな格好してるんだけ?
 


回答:流れ星にお願い☆
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない