てきすとぽいトップページへ
よくあるお題系創作大会ですよ
 1  2 «〔 作品3 〕
 投稿時刻 : 2013.07.17 23:56
 字数 : 803
5
投票しない
血刻
しゃん@にゃん革


 願い事をかなえるのには、犠牲が必要だ。
 明日は大事な試合。
 勝てば優勝、負ければ一年の努力が水の泡。

 アフリカや南米では、サカーボールを媒介にして魔術をかけることがあるそうだ。
 いつだたか、国際試合で唾をかけてニスになたこともあたよね。
 衆人環視の中で、堂々とネガテブな願望をさらけ出す心意気や、よし。
 古典的なわら人形なんかより、よぽど潔いてものでしう。

 でも、気がかりなこともある。
 きと、唾なんて生ぬるいんだ。
 俺はJSL時代からの生え抜きサポーター
 意地を見せてやる。
 たとえ、この身を犠牲にしようとも。

 カターを取り出し、俺は左手の指先にあてた。
 相手チームは、北海道から飛行機に乗てやてくる。
 落ちろ、とは言わない。
 ただ、天気が荒れて、丸1日遅刻しろ。

 胸の中で、「飛ぶな、飛ぶな」と繰り返しながら、ボールに血を刻んだ。
 けれども、偶然つけぱなしにしていたテレビを観ていて、はたと気がついた。

 画面の中にいるのは、対戦するチーム。
 選手がインタビを受けているのは、都内の練習場。

 おい、こら待て、そこの民放。
 あいつら、もうこちへ移動しとるやんけ。
 そうつぶやいた途端、めまいに襲われた。
 それは血を流したせいか、あるいは映像が衝撃だたからなのか。

 俺は予定変更を余儀なくされた。
 「バス、パンクしろ。バス、パンクしろ」
 我ながら、小さい。
 言ていることが、ジポニカ米よりも小さい。
 おまけに、さき決また直木賞も芥川賞も、作品として地味ぽい。。。

 滴る落ちる血を拭うのも忘れ、俺は自棄になてボールを真赤に染めた。
 そして、翌日。
 俺は試合開始の時刻になても、駅にいた。
 そう、この世には呪詛返しがあたのだ。
 俺は今、ホームでアナウンスを聞いている。
 車両故障のため運転再開の目処がまだ立たない、というアナウンスをね。


回答:サカー黒魔術式にしたいけど、近くに呪術師がいないので試行錯誤のセルフサービス方式
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない