てきすとぽいトップページへ
第7回 てきすとぽい杯
 1  2  3 «〔 作品4 〕» 5  13 
ヨダレと投票券
 投稿時刻 : 2013.07.20 23:23 最終更新 : 2013.07.20 23:36
 字数 : 1351
5
投票しない
更新履歴
- 2013.07.20 23:36:02
- 2013.07.20 23:23:51
ヨダレと投票券
雨之森散策


 最近の表の世界ではとかく街頭をがなり散らして回る白い生き物が目立ていた。
 一度あいつをぶ殺して、あれに食われたニンゲンども助けてやろうかとも思たが、ニンゲンの目に晒されるのはどうも気がとがめる。俺はニンゲンの平和が好きだ。やいのやいのと騒がれるのも厄介だ。
 しかし、最近はとくにひどいのだ。へんてこな四本足どもはどこの道も我が物顔で往来するが、特にあの白くて背の高い奴は例外に目立つ。なんでもここら一帯のニンゲンの言葉で、
『○○党に清き一票をお願いいたします!』
 ――などとニンゲンを咥えて叫ばせているが、俺から見れば噴飯物というやつだ。どうやてあの白くてうるさくて、へんてこな四本足の奴がニンゲンの政治に携えるというのだろうか。
 おと、甘く見てもら困るが俺は何百というニンゲンどもがコカイギジドーと呼ばれる巨大なバケモノに食われるのを知ている。だがあの四本足どもがコカイギジドーの餌食になたなんて話は一度も聞いたことがない。さらに言えば、へんてこな四本足の中でもあの白いのはいけない。なんと言ても白くて背が高くて目立つし、他の四本足と違て四つ角で止まてがなりたてる。それが類のないほどにうるさい。コカイギジドーてあのうるささには食欲をなくすに疑いない。それに味だてニンゲンの方がいくらかましだろう。
 しかし、ニンゲンどもはどうしていつまでも、あんな四本足どもを我が物顔でのさばらせているのだろう。俺などは、ニンゲンどもに温厚を通り越して危機感まで感じる。四本足の犠牲者はほんのちとらしいが仲間を食われながらのうのうと素通りできる神経が俺にはさぱりと理解できない。もし俺の兄弟たちがあの白いのに食われたなら俺は絶対に許しはしない筈だ。あのへんてこな体を八つ裂きにして、黒いへんてこな四本足を引きちぎて、ニンゲンたちの往来にさらしてくれる。そう考えると少し気分がよい。さて集合の時間だ。
 あの魯鈍な四本足どもは細い路地までは入れない。その細い路地を俺は走てゆく。
「おう、ヒゲに
 呼び止められて顧みたら四丁目のシロだた。兄弟たちの中では随分な古参で俺も謙らねばならない、わかりやすくいえばちとえらい存在だ。
「シロのオジキ、集まりの具合はどうでふかいや」
 そう聞くとシロは長い髭をもにもにとさせ
「そりあ言ふに及ばずだへ、ヒゲに
「ちげえねえ」
 俺は耳の下を足で掻いた。裏の世界はニンゲンの世界とはちと違う。コカイギジドーなどというバケモノに支配されたりはしない辺りがやはり素晴らしい、俺は兄弟たちが誇らしかた。
「シロのオジキ、『投票券』が零れ落ちそうだぜ」
 めざとく俺がそう言てやるとシロは口をあぐあぐとさせて投票券の噛みごたえを確認した。途端に白の口から涎があふれる。
「すまねえにヒゲの」
「これを落としち話にならねえですけね」
 シロにそう言いつつ俺は口の中に入たツバでベトベトになた投票券を確認した。噛みごたえを確かめているうちにやぱり涎が溢れてとまらねえ。
「おい、それを食うんじねえぞヒゲの。ケンリのホウキだからな」
 おと、と俺は涎をぐびりと飲み込む。これこそが俺たちの清き一票てやつだ。俺は口の中のカリカリを甘噛して路地の隅を走りだした。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない