てきすとぽいトップページへ
第7回 てきすとぽい杯
 1  6  7 «〔 作品8 〕» 9  13 
モググは無慈悲な星の覇王
 投稿時刻 : 2013.07.20 23:33
 字数 : 1397
5
投票しない
モググは無慈悲な星の覇王
小伏史央


 モググは票をみんな食ちまう生き物だ。太陽系の外れの、どか小さな星からつれてきたらしいが、詳しいことは誰も知らねえ。公然の秘密てやつだ。誰も喋らねえんだ。モググは硬いクチバシを持ている。モググは硬いツメを持ている。モググは人間ぐらいのでかさがある。てくちてるお喋り好きは、みんなお役所につれてかれたと、もぱらの噂だ。
 だが、モググは本当に実在している。
 ここだけの話だが、この目で見たことがあるんだよ。あ? モググのくちばし? いや言えめえ。お役所行きはごめんだからな。だが、人間くらいでかいつーのは、そのとおりだたぜ。いやいや、というか、モググは人間そのものだ。
 姿こそ違えど、モググはでぶの人間みたいに動いた。二本足で歩いて、二本の手でビール瓶握りやがて。本当だ。嘘じねえ。信じない? け

 *

 お喋り好きの権兵衛を、それからからきし見ていない。おれは住民認証カードを照合させ、投票所に入室した。地球ではすかり電子投票が主流だというのに、火星ではいまだに直接投票だ。投票所は人間たちでごたがえしている。モニターには、サンライズ党、カリスト党、モア党にジウント党、ふざけた連中で一杯だ。挙句の果てには、どこの党とも知れぬ輩が、トリフドのコスプレをして電子情報を垂れ流している。
 おれは不思議と、モググの噂をそのトリフドから連想した。どう連想したのかわけが分からないが、おれのニロンが勝手に働いたのだからおれは知らない。モググ。カリスト党もモア党もどこも、モググを雇て相手の票を食わせてるんだてよ。この噂は、権兵衛から聞いた話ではなかたな。
「ただの噂だ……
 おれは独り言をしてしまたらしい。火星に一人暮らしするようになてからはたまにしてしまう。だがそれは雑音に掻き消されたらしい。おれが苦笑いをしていると、むしろその表情のほうが目立たようだた。

 ***

「タバスコが一番デスネ!」
「あなたは馬鹿デスカ? はちみつこそが一番デス」
「甘たらしい票のなにがいいのデスカ!」
「辛い票のなにがいいデスカ」
 あそこで言い争ている二匹こそ、なにを隠そうモググだ。モググは与えられた空間で、与えられたエサを食していた。それはまさしく、さきほど運ばれてきた紙切れ、いや票だ。監視カメラに映る彼らは、とりあえず順調に票数を減らしているようである。
「うーむむ! 怒たデスヨ」
「なにを! こちらも怒るデス」
「わたしは辛党を設立する!」
「むむむ! ならば甘党を作りマシウ!」
 いや、急に彼らが暴れだした。監視カメラを眺めていた男は、飛び上がて制止しようとなだめるが、モググは怒り心頭で聞く耳を持たなかた。そもそもモググに耳はなかた。

 *

 騒ぎ声が聞こえる。列の前のほうからだ。おれは背伸びをして向こうを確認しようとした。その次の瞬間には、背伸びをする必要がなかたということに気付いた。クチバシを持ていて、長いツメを持ていて、まるでモグラかなにかが巨大化したような生き物が二匹、拡声器を手にしている。
「人間の投票は終わりデス!」
「ミナサマ! 甘党に清き一票を!」
「いや! 辛党に――
 なんなんだこれは。
 おれは住民認証カードを取り落とした。それはいつの間にか、あのバケモノの手に移ていた。それにやつらは、奪い合うようにタバスコとはちみつをかけている。
 食えればなんでもいいらしい。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない