てきすとぽいトップページへ
第8回 てきすとぽい杯〈夏の24時間耐久〉
 1 «〔 作品2 〕» 3  38 
茜色ひとつ
 投稿時刻 : 2013.08.17 16:36
 字数 : 1000
5
投票しない
茜色ひとつ
斜芭萌葱


 世間から一拍遅れたような頃合いで、その町の夏祭りはやてくる。少女が初めて浴衣を着つけたのは、そんな祭りの夜だた。
 鏡の前でくるくる回り、帯が崩れていないかどうか、入念に最後の仕上げをする。金魚の泳ぐ白地の浴衣に、きりりと締めた緋色の帯。練習の成果は出たらしい。
 ——意外に巧いじないの。
 祖母に褒められて気を良くし、下駄を鳴らして家を出た。駅前で友達と待ち合わせ。小さな嘘をついたのも、たぶん初めてのことだた。
 色とりどりに浴衣の咲く駅前を、少女は顔を俯けて、からころと足早に通り過ぎる。級友に見咎められるのも、来るはずだた少年の姿を眼にするのも、どちらも断じて避けたかた。
 林檎飴の屋台の前で、ようやく顔を上げ周りを見る。夜店の連なる商店街は、提灯に照らされて異世界に見えた。
 人波に流されるようにして、ぼんやりと屋台を眺めて歩く。綿飴、かき氷、とうもろこし。くじ引き、焼きそば、射的にお面売り。ヨーヨーを弾ませる少年少女が視界に入り、少女は慌てて顔を伏せる。その一瞬に気を抜いたせいか、人の流れから弾かれて、ふらり、一軒の屋台へ押し出される。
 ——いらい。
 初老の店主は笑顔で迎え、小さな椀を差し出した。見下ろすと大きな池の中に、赤い金魚が泳いでいる。夢見心地で巾着を開き、少女は椀を受け取た。
 裾を払てしがみこんでも、隣で覗く人はない。膝を抱えてじと水を見ると、一緒に泳いでいるような、そんな錯覚に捉われる。
 浅い水の中に放たれ、紅い金魚は優雅な曲線をいくつも描く。遠目に見たら大きな器でも、中の彼らにはさぞ狭いだろう。
 空の椀を抱えこんだまま、少女はぼうと魚を眺める。ぽちん、と傍で跳ねた音を追うと、膝に居たはずの金魚模様が、ひとつ水の中で泳いでいた。瑠璃色の渦だけが中途半端に、浴衣の生地に残される。
 思いだしてポイを動かす。浴衣の金魚がどれかわからず、手前を横切た茜に狙いを定めてみたものの、薄紙を破られただけだた。
 初老の店主は微笑んで、少女に金魚を一匹掬てくれた。椀を使えば確かに容易く、綺麗な金魚が掬いとれた。
 ビニールに入れられる寸前に、少女は首を横に振た。 
 ——いらない。
 店主は困たように微笑んで、袋の一匹を水に放した。一点の茜は紛れて消えた。
 遠くで花火が始また。少女はゆくりと立ちあがり、人波に飲まれて空を見上げる。花火の音にかき消えながら、紅い鼻緒の下駄が鳴る。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない