てきすとぽいトップページへ
第9回 てきすとぽい杯
 1  10  11 «〔 作品12 〕
 投稿時刻 : 2013.09.21 23:45
 字数 : 904
5
投票しない
郷土愛
しゃん@にゃん革


 リウケンの父親はキジムナーだから、いつもガジマルの葉を腰に巻いている。
 上半身は常に裸で、サンダルをはくことさえない。
 リウケンは長い間、それがキジムナーの正装なのだと思てきた。
 キジムナーをモデルにした、スーパーのキラクターも似たようなものだた。
 
「で、リウケンよ」
 父はある日のこと、サトウキビ畑の片隅で相談事を持ちかけた。
「で、て? で、て何?」
「そんなことは、どうでもいいさー。お前も知てのとおり、この島はまだ暑い。内地のように、秋が来るなんてまだ先だ」
「俺は、ずと夏のほうがいい。冬はこの格好では、少し寒いしさー。ま、キジムナーだから、我慢するしかないけれどー
「そう。いくらキジムナーでも、冬まで裸では風邪ひいてしまうさー。だから、たまには服を着るのもいいんじないかと思うんだけどー。この間、旅行者にくついていた妖精がな、しれたもん着ていたさー。こちじ、役人までかりゆしだけど、あれはかこいいさー。うちらもイメチていうのか? そんなのしてみてもいいと思うんだが、お前はどうよ?」
「イメチン? 服? 何言ているさー。キジムナーが服なんて着たら、叱られるに決まてるさー
「叱られる? 誰に? お前、勘違いしているかもだけど、キジムナーが裸なのは金がないからさー。金さえあれば、服着たて誰からも文句ないさー
 父はそう言うと、腰に巻いた葉から商品券を取り出した。
「いやさ、妖精も長くやていると、たまにはいいことあるものさー。1000歳の誕生日に、お頭様からこれもらたさー

 *    *

 電博堂沖縄支局の夜は長い。
 一人きりになたオフスの中で、プランナーの佐竹は溜め息をつきながらモニタを眺めた。
 土台、沖縄でスーツを売ることなど無理なのだ。
 独り言をつぶやき、遅々として進まない企画書を睨みつける。

 クライアントからのリクエストは、キジムナーを主役にしたスーツのCMを作ること。
 期限は、あと十二時間。
 徐々に夜が明けていく窓を前に、佐竹はひらめいた。

 キジムナーだけに、生地が無ー
 裸の王様をからめてみようかと思い立つが、またダジレ落ちかと叱られると気付いたのは、朝を迎えた後のことだた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない