てきすとぽいトップページへ

第26回 目本ファンタジー述べる大賞


 
一覧ページにコメントされました。
2014.01.27 00:21
プロフィール画像
さまざまなところが強引で、辻褄もあってないがー。

ドワーフ賞を狙うために、ぱぱっと書いたから、それでいい。

『蝶合戦』にコメントされました。
2014.02.03 16:51
プロフィール画像
※ 作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
爺様のおうちに連れて行かれてからの会話がいい。

蝶はファンタジーと親和性が高い昆虫だけど、どっちかちゅーと演出的に使われることが多くて、こんな風にメインテーマになることはあんましない気がするー。

蝶合戦って、はじめて聞いたー。

主人公を宮部くんにしたことで、俯瞰した語りになっているのがポイントかもー。

平凡そうな一般人が、爺様との体験を通して、ふっと救われるちゅー展開は入り込みやすいと思うー。

突き詰めれば、人間とは何ぞや的な問い掛けがあるちっくな掌編。

ところで、蝶合戦を検索したら、蛍合戦も出てきたがー。

7月or8月のぽい杯のネタがでけたー。

うひー。

『デラシネ』にコメントされました。
2014.02.04 23:10
プロフィール画像
※ 作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
エキゾチックな描写や記述が興味深く楽しむことができました。苦悩する倉橋と悩みとは無縁そうなソナム先生、侍者、「俺」が対照的でその苦渋が際立ってよかったです。

『蝶合戦』にコメントされました。
2014.02.05 22:38
プロフィール画像
※ 作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
美しくも哀しいお話ではないですか。
たくさんの蝶が舞う光景が目に浮かぶようでした。蝶の化身の少女が、爺様と一緒に年を取るのがみそですね。一年のうちの限られた期間だけど、爺様と一緒に年を取りたかったのかな、なんて思ったり。
宮部くんの語り口がテンポよく、さくさくと読み進められます。
茶屋さんの作品は言葉のテンポが良いという印象ですが、今回はいつも以上にテンポが良いなーと感じました。

『デラシネ』にコメントされました。
2014.02.05 23:13
プロフィール画像
※ 作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
「俺」はきっと本当にいつ死んでもいいやーと思ってるんでしょうが、その厭世したところをいきすぎることもなく少なすぎることもなく、ちょうど良い具合に表現してあるなーと思いました。
ソナム先生と従者が非常にアヤシく、倉橋ではなく「俺」を選ぶあたり、なかなかイヤらしい人ですね。
茶屋さんもおっしゃってましたが、エキゾチック・ネパールの雰囲気を楽しめました。

『デラシネ』のコメントに返信されました。
2014.02.06 21:56
プロフィール画像
ネパールは実際に行ったことあるけど、いいとこだよー。

茶屋会長も、一回行ってみてちょ。

ご飯まずいけどー。

ぷっ。

『デラシネ』のコメントに返信されました。
2014.02.06 22:01
プロフィール画像
ちょうど良い具合、ひゃっほぉー。

ソナム先生の描写をもっと書くべきだったのだが、掌編としてはむしろ尻切れとんぼ気味でよかったのかもー。

ソナム先生と侍者にはモデルがいるのだが、ダーレだ。

それは、ボクちんだー。

えっへん。


チャットに参加するには、ログインしてください。