てきすとぽいトップページへ
第13回 てきすとぽい杯
 1  6  7 «〔 作品8 〕» 9  17 
だらだらと呑む奴らの話
長介
 投稿時刻 : 2014.01.18 23:40
 字数 : 1498
5
投票しない
だらだらと呑む奴らの話
長介


「おう、この刺身うめえな!なんだけ」
「サワラ。おまえが頼んだんだろ!」
「ヨシオはいつもそんなだよな。一瞬で前のこと忘れやがて。
オレが貸した三千円返せよ!」
「ヤスノリから金なんて借りたけ?いつ?」
「てめーマジか!マサシと呑みに行くけどカネねーて、一週間前!
マサシ、おまえも見てたよな?」
「ていうかそれでも足りなくて、俺が千円多く出したんだよ。ほんとこいつは……
「おー、おー?ていうか呑みてどこ行け?」
「桜新町の十銭酒場だよ。水谷君が旨いていうからさあ」
「あー、そうだた。あんましだたなー、魚まずくてさあ」
「すまんか……
「いやいやいいんだよ水谷君、こいつが異常に魚に厳しいだけ」
「ていうかヨシオ、水谷君いる前でその発言はないわー
「ヨシオはうるさいわりに、注文した刺身の名も忘れてるしなあ」
「いやー、魚の名は忘れる?イナダとかノドグロとか言われてもさー
「ノドグロなんてすぐ覚えるだろ?ま、どうせ俺らがめたに食える魚じねーけど」
「それにタクがいるだろ。金沢出身だよ」
「俺か?ノドグロて金沢じほぼとれないんよ。山陰のほうよ」
「あ、そうなん?」
「また無駄な知識を増やしてしまたな」
「はい、ビールおかわりする人!ヤスノリだけ?」
「俺ホピー
「マサシー。ホピーならビールでいいじん」
「馬鹿おまえ、プリン体がだなあ……
「はいはい。タクは?」
「ウーロンハイ。最近凝てるんよ」
「こんな店のウーロンハイに凝てるも何もあるかよ。水谷君、どうする?」
「おう、カシスオレンジで」
「カシスオレンジかあ。水谷君さすがだなあ、うん」
「なんだよそれww」
「なあヨシオは?」
「トイレ行たよ」
「おう」
「あいつはさあ、ほんとにダダ漏れだよ、記憶も財布も下半身も」
「その表現だとヨシオ君ドンフンみたいだよw」
「ドンフン!水谷君はさすがだなあ」
「やめろよw」
「あ、ヨシオ帰てきた」
「俺、高い焼酎頼んじた」
「てめえどうせカネないくせに割り勘だと思て!いいちこにしろ!」
「ヤスノリの口うるささは異常だと思う」
「でもカネないんだろ?」
「今日は二千円もあるぞ!」
「全然足りないと思うんよ」
「いや俺が貸すから、いざとなたら」
「水谷君、好き!」
「そんなw」
「ヨシオにはマサシがいるだろ」
「マサシ君とは別れますわ」
「正直ホとしたよ俺」
「焼酎お湯割りおまたせしましたー
「あの店員さん、他の飲み物はまだすか?」
「え、ご注文いただいてませんが」
「あれ?」
……あれ?じあ、あらためて」
「俺ホピーで」
「俺ビール」
「ウーロンハイ」
「カシスオレンジじなくてモスコミル」
「かしこまりましたー
「で、さきはなんで通てなかたんよ」
「つかみんなの注文きいてたやつが伝えてなかたんだな」
「え?それてさ……誰だたんだ?」
「あ……
「俺、ヤスノリ、マサシ、タク、水谷君……
あ、さき注文きいてたのは誰だ?」
……ああ」
「この席には、実は……六人いるんじないだろうか」
「ヨシオ……
「だてそうだろ、そう考えないと……つじつまがあわない」
……怖いな」
「マサシ……
「座敷わらしているんだ……あた!なんで殴るのヤスノリ」
「自分の心にきいてみろ!」
「あた!やめろよー!助けて水谷君!」
「無理www」
「いやマジでなんで殴るの?タク、冷静に解説してよー
「うん、それは、注文聞いてたのがおまえだからだよ、ヨシオ」
……
……
「トイレ行くついでに頼んできたんだと思てたわけよ」
……てへ。ごめん!おわびに今日は多めに出すから!」
「二千円しか持てないだろうがおまえは!」
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない