てきすとぽいトップページへ
第一回 てきすとぽい杯
 1  9  10 «〔 作品11 〕» 12  19 
 投稿時刻 : 2013.01.19 23:30 最終更新 : 2013.01.19 23:43
 字数 : 2081
5
投票しない
更新履歴
- 2013.01.19 23:43:42
- 2013.01.19 23:39:45
- 2013.01.19 23:39:33
- 2013.01.19 23:30:05
初夢頬袋
゚.+° ゚+.゚ *+:。.。 。.


 机の上に置いていた携帯がメールを受信した、マナーモードになていたから、大きな振動音がリビングに鳴り響く。慌てて手に取ると、送信者欄に『沢村加奈子』の名前が表示されていた。
『0時に送るとすぐに届かなそうだから、先に送ります。今年もお世話になりました。来年もよろしくね! Happy New Year!!』
 笑顔の絵文字が末尾に添えられている。去年も同じようなメールが来ていたなあ、と思う。東京の大学に通う加奈子は、去年から正月に帰省しなくなた。
 紅白歌合戦は、私の興味のない演歌歌手の出番が続いている。黙て歌を聴いている両親と弟を置いて、私は自分の部屋に駆け込み、博史に電話をかける。
「もしもし? どうした?」
 のんびりした声が聞こえてくる。低くて掠れた声は、電話越しでも甘くて、ああ、私はこの人が好きなんだな、と思う。
「声が聞きたくなた」
「なんだよ、それ」
 笑ている博史の声はどこまでも朗らかで。ああ、この人を放したくない、と思う。私は枕元に置いていた、ミキーのぬいぐるみを抱きしめながら、携帯から聞こえてくる声に耳を傾ける。ミキーは、去年の誕生日、付き合て初めての私の誕生日に、博史がプレゼントしてくれた。やわらかいぬいぐるみは抱き心地がいい。
 加奈子が悪いのだ。私だたらこの人をどうやてでも手に入れておきたいと思うのに。
「初詣、一緒に行こうね」
 すがるように言うと、
「ああ、約束しただろ。9時に迎えに行くから」
「約束だよ、約束だよ」
「どうしたんだよ、当たり前だろ?」
「うん」
 私たちはそれから、他愛もないおしべりを電話越しに続けた。博史はずと私の電話に付き合てくれる。ああ、博史は私のもの。私の言葉しか聞いていない……
 急に安心感を覚えた私は、だんだんと頭が重くなてくるのを感じた。まだ夜の11時。いつもならこんな時間に眠くなたりはしないのに、どうして。
 だんだんと相槌を打つのが辛くなてきて、気付いたら、私は夢の中にいた。

 私は小さなケージの中で、ひたすら回し車を回している。かたかたかたという音が鳴り響いている。
 ああ、昔、ハムスターを飼ていたな、と思た。いつまでも回し車を回していたり、餌をやれば全部頬袋につめてパンパンにしてしまう、おばかなペト。
 私は回し車を降りた。おがくずの絨毯はふかふかしていて気持ちいい。自分専用のケージかと思たら、回し車から降りた私に、もう一匹のジンガリアン・ハムスターが歩み寄てきた。この子がジンガリアンなら、私もジンガリアンなのかな、と思う。
「回し車の順番を待ていたの?」
 と聞いたら、その子は
「ううん。ごちそうが手に入たから、おすそ分けにきたんだよ」
 と言た。
 手渡されたのは、一粒の茶色いポプコーンだた。
「大きいね」
「うん、大きいでし。だから、頬袋に入れる前に少しだけ噛み砕かないとだめだよ」
 言われるままに、私はそれをかじてみた。
 それは、キラメルポプコーンだた。表面は甘いのに、中は随分と塩辛くて、私はびくりして腰を抜かした。
「外側が甘いのに、中がしぱいよ!」
「うん、そうだよ。でも、甘いのも、しぱいのも、生きていくのに必要だよね」
 私はそのとき、その声は、どこかで聞いたことがあるな、と思たけれど、そう思た瞬間に、目が覚めていた。
 なんとなく、後味の悪い夢だた。

「あけましておめでとう」
「おめでとう」
 迎えにきてくれた博史と、手を繋いで近所の神社まで歩いていた。雪は降ていなかたけど、今年の正月は随分と寒かた。手を繋いで肩を寄せ合えば寒くない。そう思て、できるだけ体をひつけた。
 博史と初詣に出かけるのは、これで6年目だ。博史は、高校2年生の時の同級生で、加奈子もそうで、ふたりは小学校からの同級生だたから、私が出会う前から既に随分と仲がよくて、私がそこに加わて、それから3年間、毎年3人で初詣をするのが習慣だた。
 魔が差したのだ。地元の学校に進学した私と博史。東京の大学に進学して、なんだか垢抜けて帰てきてしまた加奈子。私は冬休みに帰省してきた加奈子が妙に綺麗になているように見えて、突然、今まで覚えたことのない焦燥感と嫉妬心を抱き、そして、初詣に着物を着てきたいと言た加奈子と、博史を、引き合わせたくないと思てしまた。
 加奈子、今年は帰てこないんだて。そう嘘をついて、まんまと騙された博史と二人きりでいた初詣。初めての二人デートに、このまま押せば、私を選んでくれるかもしれないと予感し、そして私はその年の1月中に、博史とめでたく彼氏彼女になることができた。
 おかしな嘘で初詣の約束をドタキンされた挙句、突然二人の交際宣言を聞かされた加奈子が、何をどこまで悟ているのかはわからない。ただ、加奈子は実際、私によそよそしい連絡しかよこさなくなり、博史に至ては、何の連絡もしないらしい。
「ねえ」
「ん?」
「好きだよ」
 そう言て博史の腕をきつく抱くと、博史は何も知らずに穏やかに笑う。

 甘いのもしぱいのも必要だよというハムスターの声がこだまする。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない