てきすとぽいトップページへ
第一回 てきすとぽい杯
 1  17  18 «〔 作品19 〕
 投稿時刻 : 2013.01.20 01:34 最終更新 : 2013.01.20 02:44
 字数 : 1453
〔集計対象外〕
5
投票しない
更新履歴
- 2013.01.20 02:44:49
- 2013.01.20 01:34:50
Timeout
タカダノブユキ


「じあもういいです… こちらでなんとかします。」

『はあ、 よろしくおねがいします…』
という俺の返事が聞こえたかわからないうちに通話が切れた。

相手は明らかに怒ている。




睡眠不足な夢の中で気ぜわしく振動している携帯を取ると、
今日10時に打ち合わせを予定していた相手からだた。
切れた携帯の時計は1月2日、10時45分。


「いかなくていいの?」
携帯を持たまま力なく枕に突伏した俺に、隣で寝ていた女が言う。

「2日から打ち合わせとか、ないでしふつー…」と、
同意を求めてみるが返事無し。

「…」

「…やぱ行たほうがいいかな」

「…そうね。。 …行くでし、やぱ。」

「…よし!行くぜ!」

マンガの主人公みたいに飛び起き、今日の打ち合わせ相手に電話して、
すぐにそちらに向かうのでしばらく待ていて欲しい旨を告げ、
洗濯したばかりのパンツと黒のTシツを着て、キレイめのジーンズとフードの付いたやや厚手のコートを着て、
部屋を出ようとしたら急にハラが減た気がして、すぐ横の冷蔵庫の上にあたポプコーンの袋を見つけ

「ごめん、ハサミ取て?」と俺。

「あーとまて…」と言たあと、ハサミを持てきてくれた女は
プコーンの袋をハサミで丁寧に開封する俺を見て「あ、私のポプコーン!」

「ごめん、食べていい?」

「いいけど新しいの買てきて」と言た女は少し呆れた顔をしながら、
「そんなの手で開ければいいじん」と付け加えた。

「やなんだよ」
「キレイに開けないと気が済まないの!」
と、女の呆れ顔にたたみかける俺に、
「はやく行けば?」と女。



右手に一掴みしたポプコーンを食べながら、早足で商店街を渡り、
駅の階段を一気に駆け上がてSuicaで改札を通りながら、電車の時刻を確認する。
次の電車まであと7分。
各停だと5分待ちだが、途中で急行に追い抜かれる。
(こんな時こそ「急がばまわれ」…)などと適用にやや違和感を感じることわざを思い浮かべつつ、
改札内のコンビニに入ると、買てきて、と言われたポプコーンがあた。

10袋くらい買ていたら文句ないだろw と思い
Suicaで支払を済ませると残り16円になた。

打ち合わせは新宿。
出るときに残高不足になるから、面倒だけど精算機を通らなければ、、
カバンの財布には5千円以上残ているはずだが、大遅刻の中の精算機ハンデは気持ちに重い。。
プコーン買わなければよかたかなーと思た瞬間に、
スナク菓子を大量に持て、どう打ち合わせの席に行くよ?(しかも大幅遅刻のうえに)と呆然とする。

どうやらまだ寝ぼけていたみたいだ。。

でも、すぐ目の前にコインロカーを見つけ、でかいほうのロカーにポプコーン10個を押し込み
ポケトから300円出して鍵を閉め、駆け足で階段を降りて急行に乗た。


今日の打ち合わせは初めて顔を合わせる相手ではない。
が、それだけに油断していた。
面倒でもパソコンや携帯にスケジルを入力しておくべきだた。
かなりへこみつつも、新宿の階段位置を考慮した車両まで移動する。

電車の中で受けたメールでは、駅を出て5分ちとのドトールで待ているそうだ。
はじめて顔を合わせるライターさんも一緒という情報も付け加えられいて、かなり焦る。

いろんな言い訳のバリエーンと、
言い訳を許して貰えそうな空気の作り方を十分に検討するまもなく、新宿。

脳内シミレーンした最短ルートを全力に近いスピードで駆け上り、
改札横の精算機にSuicaを突込んだ後すぐに、カバンを忘れたことに気が付いた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない