てきすとぽいトップページへ
第一回 てきすとぽい杯
 1  16  17 «〔 作品18 〕» 19 
 投稿時刻 : 2013.01.19 23:45
 字数 : 658
5
投票しない
無題
ひこ・ひこたろう


 フリーのシステムエンジニアである僕は、とあるシステム案件の仕事で岡山にいた。出向先のビルの一階にはトマト銀行の支店があり、他の階にもインタート専用の「ももたろう支店」があた。僕の仕事はかなり堅い業種の顧客向けのものであるため、そんな遊び心のある名称を羨ましく思わないでもなかた。
 そのビルには毎朝、雑誌の配達をするおばさんが来ていた。雑誌の定期購読なら出版社と直接契約した方がいいのに、と思わないでもない。だて、岡山では雑誌の発売は東京よりも一日遅れなのである。出版社から送てもらうと、東京での発売日と同じ日に届けられるのに。
 今年の仕事初め、出向先の元請の会社の連中から、年賀状の書き直しを命じられて困惑する、というのが初夢だただけに、僕は浮かない気分でそのビルに向かた。着くと雑誌の配達の人がいたのだが、自転車には見覚えがあても、その日は乗ている人が違ていた。若い女性だ。しかも、可愛い。
 横目で見ながら通り過ぎようとすると、彼女が「あのう」と声をかけてきた。「ももたろう支店てここですか?」と不安げに問う。「そうですよ」と僕は応える。「よか……」と彼女は安堵の溜息。
 一緒にエレベータに乗る。彼女は「ももたろう支店」のボタンを押したが、僕はつい自分の降りる階を押すのを忘れてしまていた。「ももたろう支店」の階に着いた時、ようやくそれに気づいたが、時すでに遅し。彼女と一緒に降りた。
 僕は彼女に向かて、「このビルの向かいのマンシン工事の振動のこととか、君と一緒に映画に行て、ポピコー
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない