てきすとぽいトップページへ
第一回 てきすとぽい杯
 1  14  15 «〔 作品16 〕» 17  19 
 投稿時刻 : 2013.01.19 23:41
 字数 : 555
5
投票しない
スパイ
工藤伸一@ワサラー団


「了解」
 今回のミンで初夢が死んだことを伝えに来たポプコーンに、振動は真顔のまま答えた。
「奴はお前と同期だろ。他に言う事はないのか?」
「察してくれよ。ありすぎて何も言えないのさ」
「意外に良い奴なんだな」
「そうでもない。初夢を殺したのは俺だよ」
「もしかしてスパイなのか?」
「だたらどうする?」
「ここで殺し合うことになる」
 言うや否やポプコーンの体は爆発して、中から飛び出した小さな白い凶器が四方八方から振動に襲いかかる。
 しかし振動の体は小刻みに震えながら、いとも簡単に全ての攻撃を跳ね返す。
 弾かれた凶器はポプコーンの本体に次々と突き刺さり、やがて本体は動かなくなた。
「ここまでがお前の初夢さ」
 初夢が振動に向けて言う。
「なるほど。そうすると今おれは起きているのか?」
「とくに死んでる」
「そんなことだろうと思たよ」
 かくして初夢は敵国のスパイだた振動を殺す事に成功した。
「やぱりお前は強いな」
 どこからかポプコーンがやてきて初夢に伝える。
「同期の中で常に一番だたのは振動の方さ」
「奴とは仲が良かたんだろ。よく殺せたな?」
「むしろ仲が良かたから殺せたんだ。安心している隙に夢を視させて」
「俺には通用しないぜ」
「わかてる。お前がスパイじないことを祈るよ」
「お互いさまだけどな」
「ああ」(了)
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない