てきすとぽいトップページへ
第一回 てきすとぽい杯
 1  12  13 «〔 作品14 〕» 15  19 
夢は空高くに
 投稿時刻 : 2013.01.19 23:35
 字数 : 1214
5
投票しない
夢は空高くに
ジュニー


僕は激しい揺れで目を覚ました。
ドで半身を起すと僕は周りを見回した。
本棚やテレビ、机の上のノートパソコンにPS3が激しく振動していた。

こ、これは地震だ!!
僕は慌ててベドから飛び出すと自室のドアを開けた。

ドアを開けた僕は愕然とした。
そこには大平原が広がていたからだ。
自室の揺れはさらに激しさを増していた。

僕は仕方なく大平原へと足を踏み出した。足の裏の草の感触がくすぐたかた。
後ろを振り返ると自室は完全に崩れ去ていた。

僕は果てしなく続く平原を歩き始めた。
父や母は大丈夫だろうか?
そんな心配をしながら平原を途方もなく歩く。
暖かい陽射しを浴び汗をかいた僕は上着を脱ぎ黙々と歩いた。

遥か先に大きな木が見えた。
僕はそれを目指し走り始めた。

木にどんどん近づいて行く。そして、その木陰に人が座ているのが見えた。
幼い少年のようだた。頭には野球帽をかぶている。

僕は走るスピードを上げ少年に近づいた。
少年はポプコーンを食べながら、空を見つめていた。

少年は僕が近づいても空を凝視しながらポプコーンを食べるのを止めなかた。
「君はこんなところで何をしているの?」
僕は声をかけた。少年は答えない。
「ここは一体どこだい?」
僕はめげずに声をかける。
少年は空を見上げながらポプコーンを食べ続けた。やはり質問には答えてくれなかた。
僕は仕方なく少年の隣に腰を下ろし、一緒に空を見上げた。

10分ほど時間が経た。

少年はポプコーンを食べ終わたようだた。
そして、
野球帽を取り僕の方に振り向いた。

驚きでおもわず声が出た。

少年の顔が幼い頃の僕とそくりだたからだ。
「吃驚した」微笑みながら少年が言た。
「君は誰だい?」恐る恐る僕は訊く。
「僕は君、夢を持ていた頃の君」
少年はそう答えた。声のトーンが少し下がた気がした。
少し沈黙が続いた。
「僕は未来の僕に、君に、夢を諦めてもらいたくないんだ!!」
少年は真剣なまなざしで強い口調で僕に言た。

そうか、そう言うことか。
僕は上着を脱ぎTシツになていた僕の右腕を見た。
去年手術した右肘の傷跡がくきりと残ていた。

昨年、僕は右肘を手術し『プロ野球選手』になるという夢を諦めた。
そう、
あの崩壊してしまた自室のように僕の夢は崩れ去たのだ。

僕は幼い頃の僕の視線を強く見返して、
「諦めずに頑張るよ!!」と強く言い返した。

少年はニコと微笑むとまた空を見上げはじめた。
僕も同じように空を見上げた。

          *
・・・・・
という目覚まし時計の電子音で僕は目を覚ました。
テレビも本棚も机の上のノートPCにPS3もすべて何時も通りだた。

昨年、諦めた夢。
年が明け初めて見た初夢で僕は夢を取り返した。
僕はまだ16歳だ。

僕はベドから起きると、ドアを開け廊下から玄関へ出た。
玄関の扉を開け、外に出る。
冷たい空気が僕の頬に当たた。

僕は空を見上げた。
幼い頃の僕と、少年と、見上げた空がそこにはあた。

     <了>
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない