てきすとぽいトップページへ
第一回 てきすとぽい杯
 1  13  14 «〔 作品15 〕» 16  19 
ぼくの初夢
 投稿時刻 : 2013.01.19 23:38 最終更新 : 2013.01.19 23:43
 字数 : 1952
5
投票しない
更新履歴
- 2013.01.19 23:43:06
- 2013.01.19 23:42:21
- 2013.01.19 23:38:32
ぼくの初夢
小伏史央


 ママと街を歩いていると、隅にうずくまた、こどものヒトを見つけた。うすぎたないけれど、頭から生えている長い毛が黒くて、好きになた。
「ママ、あれヒトだよ」
 だけれどママは、ぼくの指先をまるで見えないみたいに無視して、「今日のごはんはなにがいい?」と言てきた。その顔が嫌なくらい静かだたから、ぼくはもう一度、「ヒトなんだよ」と言た。
「そんなもの気にしてはいけません!」
 ふいに声が飛びかかてきて、頬が痛くなた。ママの顔がよく分からない。見えるものすべてがぼやけて、ふやけて、分からなくなたんだ。
 そのあとすぐに、「ごめんね」てママは謝て、ぼくの頬を撫でて抱きしめてくれた。じんわりと体の奥からあたたかいものが浮かび出てきて、ぼくは、泣くのをやめた。
「もう、ヒトのことなんて話さないでね。分かた?」
「うん」
 泣きやんだら街の景色がよみがえた。近くにいたのはぼくとママとあのヒトだけで、だからママは、あんな大声を出せたのだと分かた。傍に誰かいたなら、ママはいつも、静かにしなさいて言うから。

 おうちに帰ると、知らないおじさんがいた。ものものしい表情をしていて、なにかの本を読み込んでいるようだた。
 ママが挨拶をしたので、ぼくも「こんにちは」と倣た。
「お医者さんの先生よ」とママは柔らかい声で教えてくれた。お医者さんは、本を隅こに片付けて、「どうぞよろしく」と答えた。怖そうな顔をしているけれど、声はやさしそうだ。ぼくがもう一度「こんにちは」と言うと、お医者さんは少しだけ笑て、「こんにちは」と返してくれた。
「先生、今日はよろしくお願いします」
 ママの言葉に頷いて、お医者さんは、「おいで」とだけ言て、ぼくを居間につれてきた。居間はいつの間に作りかえられていて、かたそうなベドひとつと、たくさんの難しい機械が置かれていた。
 ぼくはママに、「なにをするの?」と訊いた。きとこれは、ぼくのことだ。これからぼくになにかあるんだ。そう直感したからだ。
「これからね、あなたはみんなと同じになるのよ」
 だけれどママの言葉はよく分からなくて、ぼくは困てしまた。
「心配することはない」お医者さんが口を挟んだ。「少しも痛くない。きみはここで眠て、夢を見るだけでいいのだよ」
 夢? それはなに?……ぼくは口に出して質問しようとしたけれど、ママの顔を見て、やめることにした。ママも、お医者さんも、この居間も、不思議なくらいに静かで、その静けさを壊したくないと思た。
「さあ、そこのベドに横になりなさい」
 お医者さんが言た。お医者さんがなにか長いものを持ていたので、ぼくは急に怖くなた。それでちと動けずにいると、「大丈夫よ」と、ママの声が聞こえて、すぐにあたたかくなた。
 ぼくがベドに横たわると、お医者さんは頷いて、その長いものをぼくの頭にくつけた。途端に、眠たくなた。

 ぼくの頭が振動した。手に持ていたポプコーンがいくつか箱からこぼれた。ポプコーンがひとつこぼれ落ちるごとに、ぼくの頭の中から、あたたかいものが、消えてゆく感じがした。ぼくは怖かた。
 ここはママとよく歩く、あの街だた。だけれど、いつもと違て、空が青かた。ぼくはその不気味な色を眺めて、もと怖くなた。頭が震えた。ポプコーンがこぼれる。
 ヒトがすぐ傍にいたことに、ぼくは気づいた。そのヒトは、こどもで、痩せていて、髪が黒かた。なんだか親しみをその黒色に感じた。ヒトは、地面に落ちたポプコーンを、かき集めて食べていた。それを見て、きたない、と体の奥から思た。
 ぼくの頭が振動する。揺れるごとに、箱の中身は少なくなて、ぼくはどんどん冷たくなた。ふと空を仰ぐと、だんだんもとの色に戻ているのが分かた。もともとの、黒色に。
 ヒトの体が薄れてゆく。透けて見えた。ぼくはそれを、つまらない、と思て、すぐに見るのをやめた。ポプコーンがこぼれてゆく。
 空が、真黒になた。

「おはよう」
 目覚めると目の前にお医者さんがいて、ママもいた。ふたりとも朗らかな表情をしていて、ぼくはなんだか嬉しくなた。
「おめでとう。息子さんはこれで、我々の仲間入りです」
「ああ、ありがとうございます、先生」
 ふたりの会話を聞きながら、ぼくは、夢のことを思い出していた。生まれて初めて見た夢。あのポプコーンはなんだたのだろうと思い、お医者さんに試しに訊いてみた。するとお医者さんは簡単に、「それはきと、ヒトの因子だろう」と答えてくれた。ぼくは脳内に指令を与えてネトワークに接続し、「因子」の意味を検索した。すぐに理解して、「ありがとうございます」とお医者さんに言た。ママはその様子を見て、大袈裟に喜んでいた。
 ぼくは今日から、アンドロイドだ。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない