てきすとぽいトップページへ
第一回 てきすとぽい杯
 1  4  5 «〔 作品6 〕» 7  19 
初夢ポップコーンの振動
 投稿時刻 : 2013.01.19 23:25 最終更新 : 2013.01.19 23:35
 字数 : 1011
5
投票しない
更新履歴
- 2013.01.19 23:35:23
- 2013.01.19 23:25:10
初夢ポップコーンの振動
ヘリベマルヲ


 どどどどど、そういや初夢てさ、えに? どどどどど、は・つ・ゆ・め。どどどどど聞こえない。どどどど前から気になてたけど初夢てさ、どどどそれいま話さなきいけない話? どどどどおれはポプコーン製造器のスイチを切た。本年第一号の新作発明だ。なにとめてんのよばか、彼女はおれの手を叩いてスイチを入れた。どどどどどスイチを入れるのに手を叩く必要はない。どどどどどしぼみかけたコーンはふたたび爆ぜはじめた。それで初夢だけどさ、あれてどどどどどどどうしてこんなに振動するのかわからない。どどど洗濯機を改造したのがいけなかたか。どどどそもそも脱水のたびにひどい騒音をたてる洗濯機だた。だからどどど廃物利用してもいいと考えたのだ。どどど実験が成功してどどど大量生産のあかつきには冷蔵庫をベースにしよう。それはともかくどどど初夢のどどど話だ。どどどどど。
 今度は彼女がスイチを切た。実験室は静まりかえた。この機械ちとうるさすぎるんじない? たかがポプコーンつくるのに物々しすぎるし。ご近所迷惑よ。ていうかもう食べていいでし。扉をひらこうとする彼女の手をおれは払い、毅然とスイチを入れなおした。またくどどどどどいやしいやつだ、どどどどどどど。これはどどど普通のポプコーン製造器じないのさ。どどどどま見てなて、世紀のどどどどど大発明だよ。ところでどどど初夢の話だけど、どどどどどど。
 彼女は乱暴にコンセントを引き抜いた。実験室はまたも静まりかえた。断線するじないか、デリカシーのないやつだ。ポプコーンはもういいわ。こんなに待たされるんじ食べる気うせた。そうかいとおれは鼻を鳴らし、部屋を横切てブラインドをあげた。充満した香ばしい匂いは窓を開けるとたちまち薄れた。またく女てやつはせかちで無粋だ。いついかなるときでもすぐさま食欲を満たせと要求する。このおれの崇高な発明意欲と比較して、いかに低俗であることか。
 それで初夢がどうしたていうの? 忘れたよとおれは答えた。話す気が失せた、発明意欲とともにね。もう帰てくれ。きみの顔なんか見たくない。なによそれ、と彼女はぷりぷり怒て部屋を出ていた。玄関のドアが叩きつけられるように締まり、ばたーん、実験室まで振動した。
 窓から首をだして彼女が去るのを確かめた。そうしておれは製造器の扉をあけ、できたての香ばしいポプコーンを独り占めした。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない