てきすとぽいトップページへ
第14回 てきすとぽい杯〈オン&オフ同時開催〉
 1  9  10 «〔 作品11 〕» 12 
バッドエンドについて
ayamarido
 投稿時刻 : 2014.02.08 19:19
 字数 : 1280
5
投票しない
バッドエンドについて
ayamarido


 

 中国製の安いPCを捨て、いざ待望のソニーVAIOを購う時きたれり、と意気揚々と発注した矢先、ソニー本社において、VAIOブランドを外資へ売り払う決定がなされた。
 すなわち、
「これはバドエンドではないだろうか」
 と思うたのだけれど、さほどバドでもなし、そもそも、
「ソニーのVAIO!」
 を入手できるのだから、これはむしろグドじないかと、自らを慰められるので話は違う、では何がバドエンドであろうかと考えたところが、
「ふひひ、書こうとした小説が最後まで思い浮かばないことがバドだぜ」
 で、幕引きを図ることでどうだと考えたのだけれど、その程度の発想をする人なんて何人もいるだろうし。
「じあ、この雪だ。東京に遊びに来た挙句、この大雪で新幹線がとまて家に帰れない。停電も起きた。ああ何て悪い結末だ!」
 と言てみたところが、やぱり、おもしろくも何ともない。
 思い返せば、うえはるさんの入選絵を見るべく訪れた渋谷から、浮世絵の太田記念美術館の原宿まで歩いたその間、ずと細川護煕の選挙カーと併走する破目になり、ガラス製の、パンダのオリみたいな選挙カーの荷台に、二人のおばさんと、一人のおじさんが乗り込み、赤い服を着て、マイクを握たおばさんが、
「細川護煕、細川護煕。ほ、そ、か、わ、護煕。ありがとうございます。ありがとうございます。助手席に乗ているのが本人です。最後のお願いに参りました。細川護煕。細川護煕。道の反対側からも温かいご声援、ありがとうございます。細川護煕。細川護煕。脱原発。原発が一台も稼動していない今がチンスです。日本の未来は東京が変える。細川護煕。細川護煕。明日の選挙ではどうぞ、細川護煕、細川護煕を、皆様、何卒よろしくお願いします」
 と叫んでいるのを、ずと聞かされていたことが、バドかもしれない。選挙カーはノロノロと走るので、徒歩のこちらとさほど速度が変らず、従て延々と、
「細川護煕、細川護煕。あたたかいご声援ありがとうございます。助手席にいるのが本人です。ありがとうございます。明日の投票では細川護煕。細川護煕。どうぞよろしくお願いします」
 である。
 ガラスの檻を見るに、おそらく最初のうち、檻の中には本人、細川護煕が入て手を振ていたのであろう。だがそのうち寒さに耐えかね、助手席へ移て、膝に毛布を置いて、そうして通行人に手を振るに至たようである。
「ありがとうございます。ありがとうございます」
 などと、おばさんの叫び声の合間、頼りないマイク音声が聞こえた。
「ありと風邪でも引いてるぜ。かわいそうに」
 と、そんな想像をしたところで、ああなるほど。これで明日、彼が落選したなら、この数週間のお祭騒ぎも水の泡。連呼もむなしきかぎりなり。
 すなわち、
「明日の選挙結果こそバドエンドに相違なし」
 と、最終的にニヤリとしたところ、ところで斯様に細川護煕細川護煕と連呼したこの短文、公職選挙法に引かるんじないのと疑われ、これ最終的に掲載すること能わずとなれば、
「書いても発表できないなら、まさしくバドエンドですね」
 と、隣からニヤニヤ。
 


                                                                    (了)
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない