てきすとぽいトップページへ
第14回 てきすとぽい杯〈オン&オフ同時開催〉
 1  8  9 «〔 作品10 〕» 11 
ひどい話
 投稿時刻 : 2014.02.08 19:18
 字数 : 1765
5
投票しない
ひどい話
永坂暖日


「ねえ、ひどい結末の話だと思うでしう」
 右足を組んで頬杖をつき、彼女は言た。でもひどいと言う割に、緋色の口角の端は上がている。目も、面白がているようだ。
 彼女の話した内容が他人のことであれば、人の不幸は蜜の味ということで、そういう表情もありかも知れない。だけど、彼女が話したのは彼女自身に起きた出来事なのだ。とても笑ていられるような状況ではない。
 少なくとも、自分なら笑えない。
「だて、あんまりひどすぎて、もう笑うしかないじない」
 あけらかんと言う。
 彼女が強いから、なのだろうか。
 自分が弱いから、なのだろうか。
 低いテーブルを挟んで向かい合う彼女は、自分が店に入てきたときから変わらず笑みを浮かべている。
 それはいつもの彼女の笑顔で、自分を虜にする妖艶な笑みで、でも心の奥を見透かすのを許してくれない鉄の仮面のようで。
 ようやく初めて、彼女の過去の一端を教えてくれたと思たら、愛想笑いさえできないような内容だた。
 出会たその時から、彼女に夢中になた。恋人という立場を手に入れるために、ずいぶんいろいろなことをしたと思う。我ながら情けないこともやたと、今になて反省、というか後悔することもある。だけど、やとその立場を手に入れた今、そんな過去はひそりと自分の記憶の秘密の箱にしまて、恋人という立場を大いに楽しみたい。
 それはしばらくの間、うまくいていた。彼女と過ごす時間は甘く楽しく、夢のようだた。だけど、ひとつ手に入ればもと、とさらに望んでしまうのが人の悲しいさが。彼女が、彼女自身のことをなかなか話してくれないと気がつくまでに、そう長い時間はかからなかた。
 自分と出会う前、何をしていたのか。どこで、どんな風に、何を思いながら生きてきたのか。嬉しいと思うこと、楽しいと思うこと、嫌だと思うこと、嫌いだと思うこと、悲しいと思うこと――彼女の感情を形作るそれらの一端を知りたいと思たのに、彼女はなかなか、いや、またく教えてくれなかた。
 聞いてもはぐらかされる。
 嫌なことならまだしも、嬉しかたことや楽しかたことまで教えてくれないなんて、まるで信用されていないみたいだた。
 自分が悲しいのはまさにそれだと彼女に言ても「そう」というあさりした答えしか返てこない。
 それで愛想を尽かして離れてしまえばいいかも知れないが、惚れた弱みでそれも難しい。そのうち、彼女の過去に触れるのはやめるのが、お互い――自分のためにいいと思て、やめてしまた。
 自分といる今の方を大事にすればいいか、過去なんてどうでもいいじないかと開き直て、それでやてきた。いつものように待ち合わせて何気ない話をするうちに始またのが、彼女の告白だ。
 驚いたし戸惑た。ようやく話してくれたと嬉しくも思た。だけど、聞いていて辛くなるような内容で、だんだんと気持ちは複雑になた。
 どうしていきなりそんなことを話したのか、理由は何となく分かる。彼女のタイミングで、話したかたのだろう。今まではぐらかしてきたのは、それを自分に話してもいいのかどうか見極めていたからだろう。
 容易に人には話せないような過去を教えてくれて、ありがとう。
 自分を信用してくれて、ありがとう。
 笑て話してくれたのは立ち直たからかも知れないし、そうではないからかも知れない。だけどそのどちらでも自分は構わないから、君の過去はすべて受け止めるから、これからは一緒に楽しくて嬉しいことを積み重ねていこう。
「そうしたかたけど」
 彼女は変わらない笑みのまま、冷めたお茶の入たカプを持ち上げる。
「他人の深いところまで立ち入りたいて思う人と、これ以上は付き合えないの」
 空になたカプの縁に、彼女の唇の形で緋色が残る。
 とても笑て話せるようなことではない過去を自分に教えてくれたのに、どうしてそんなことを言うのか分からない。
 カプを置いて、彼女が伝票を持て立ち上がる。
「わたし、表面上のお付き合いだけで十分なの」
 でも、ずと教えてくれなかた過去を教えてくれたじないか。
 そう言てすがる自分はずいぶんと情けないが、構ていられなかた。
 すると、彼女は今までで一番の笑みを浮かべた。
「今の話、全部嘘なの」
 呆気にとられる自分を置いて、彼女は支払いを済ませ颯爽と去ていた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない