てきすとぽいトップページへ
第14回 てきすとぽい杯〈オン&オフ同時開催〉
 1  2 «〔 作品3 〕» 4  12 
国旗掲揚
 投稿時刻 : 2014.02.08 18:56
 字数 : 1362
5
投票しない
国旗掲揚
雨之森散策


――ここまで来れば大丈夫だろう」
「奴らではこの高い崖を登ては来れまい」
「勝たな」
……
「しかし俺たちもまた手負いだ。特にお前の傷を早く治さねば」
「なあに、心配いらないさ。俺は強運の持ち主なんだ、この程度」
「そうだたな」
「故郷に婚約者を待たせているんだ。早く戻りたい」
 ――こいつらの会話を黙て聞いているうちになんだか俺は怖くなてきた。
『お前ら、ちと冷静になて考えてみろ』などとという言葉まで口を突いて出てきたので三人はキトンとした顔で俺の方を見た。
「何が怖いんだ?」
「お前が臆病風とは珍しいな、らしくないぞ」
「もう勝たんだ、俺たちは。ああ、早く彼女の所へ戻りたい」
『だから、それをやめろての! 死亡フラグを知らんのか!』
「死亡……フラグ?」
 三人の表情に暗い影が差した。
「新しいフラグメントグレネードの名前か? 死亡だなんて縁起が悪いぞ」
「そうだ、お前は場の空気というものに少しは気を使うべきだ」
「ああ、早く彼女に会いたい」
『だからそれが死亡フラグだての! お前のその彼女がて奴が!』
「俺? なんでだ?」
 奴はそう言いながらも愛しげに婚約者の写真を手で撫でている。
『いいか? 戦場で恋人の話をする奴は、間違いなく死ぬ』
「え?」
 奴の手が止また。その両目には驚愕の色が宿ている。
「おい! 少しは考えろよ、そんな事言たら奴がビビちまうだろ?」
「俺達の最高のチームワークにヒビでも入れるつもりかお前は?」
『ああああ!!』
 堪らずに俺は叫んでいた。最高のチームワークとか言たらそれこそチーム崩壊のフラグじないか!
『絶対に安全だと1000%確信するまでは少しも気を緩めちダメなんだ! 勇ましいセリフも逆に危ない! それをお前らは分かてない!』
「100%の間違いか? アホだろお前」
『100%でも足りないて意味で言てんだよこのヴケ!』
「なんだと?」
『とにかく! 勝利なんて確信しちいけない。婚約者の話も将来の話もNGだ。(もうダメ、俺たち死んじう)くらいの気弱さで丁度いいんだよ』
「なんか危なくないか、こいつ? 俺怖くなてきた」
「今はお前に合わせてやるよ。俺たち死んじうくらいが良いんだな?」
「いや、なんかそう言われるとマジで死にそうな気がしてきた。もう彼女の話はしないよ」
 やと俺は一息つけた。この窮地で俺の意図を理解してくれる仲間で良かたと思えた。
『ありがとうお前たち。勝者の余裕とか明日への希望なんかは今は捨てるんだ、生き延びるために!』
「おお!」
 そう言うと一人が
「しかし、この崖の高さは俺たちに余裕を与えてしまうな」
「もう少し低い方が気弱になれそうな気がする」
「降りるか……。死んじうくらい気弱な方が生き残れるんだろ?」
――え?』
 三人は次々と崖を滑り降りていた。
 俺が余計な事を言いさえしなければこんな結果にはならなかたのだ。だからせめて完璧なチームワークだけは崩壊させまいと俺も三人の後に続いて崖を滑り降りた。


「やつら、案外チロかたな」
「全くだ。この程度の連中、俺達の相手には役不足」
「完璧な勝利だ」
「しかし俺たちもまた手負い。お前の傷などは深刻だ治療を急がねば」
「いらぬ心配だ。この程度」
「そうだたな」
「早く故郷に戻りたい」
――おい、お前たち。死亡フラグというのを知らんのか?」
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない