てきすとぽいトップページへ
第14回 てきすとぽい杯〈オン&オフ同時開催〉
 1  2  3 «〔 作品4 〕» 5  12 
♪さようなら、○ちゃん
 投稿時刻 : 2014.02.08 19:00 最終更新 : 2014.02.08 19:02
 字数 : 883
5
投票しない
更新履歴
- 2014.02.08 19:02:13
- 2014.02.08 19:00:31
♪さようなら、○ちゃん
太友 豪


 大きなキリーカートを引いたたくさんの人たちが、楽しげな笑みを浮かべて足早に通り過ぎていく。
 ここはとある駅。その2二階部分に当たるコンコースである。
 天井に埋め込まれたスピーカーから心が浮き立つような明るい調子の音楽が賑やかに流れてくる。その音量に負けないくらい大きな声でふざけあている少女達。
 少数の例外を除いて、駅はあくまでも通過点でしかない。だから、乗客達の目的地のイメージに合わせてこぎれいにデザインされた駅自体に目を向ける人はほとんどいない。
 3階のホームと2階のコンコースとをつなぐ四列並んだエスカレーターの手前にコインロカーがある。いわゆる交通系非接触ICカードでも支払いすることができる新しいものだ。
 コインロカーのほとんどには赤いランプがともている。そのロカーがすでに使用されているということだ。
 首都圏外からも多くの利用客が来るこの駅では、大きなコインロカーから先に埋まるという傾向がある。遊園地の近隣のホテルは高いので、大きな荷物をロカーに預けてから遊び、夜になたら荷物を取り出して離れたビジネスホテルなどに宿を求めるのだ。
 だから誰も、コインロカーの前で長々と立ち止またりしない。
 少し不審なことがあても、自分に直接関係がなければ素通りするだけだ。

「ねえ、赤ちんの泣き声しない?」
 飛行機と電車を乗り継いできた女の子は、中学時代からの友人に向かて尋ねる。
 熊のぬいぐるみを抱いた友人は肩をすくめてみせる。
 二人は運良く一番大きなサイズのロカーを確保することができた。このサイズなら二人のキリーカートを入れることができる。大型ロカーの上にはいくつか小型ロカーがあいているが、それでは小さすぎて二人のキリーカートをしまうことができないのだ。
 他の人も一番ちいさなロカーに用もなければ、興味を抱くこともなく足早に過ぎていくだけだ。
「そんなことよりはやくいこうよ! もうオープンしちうよ」
 その日、二人は心ゆくまで楽しんだ。





 こうして、まだ名前もない誰かさんは、縦・横34センチ、奥行き57センチの鍵のかかていないロカーの中で死んだ。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない