てきすとぽいトップページへ
第15回 てきすとぽい杯
 1  6  7 «〔 作品8 〕» 9  12 
けむたくない
めぐる
 投稿時刻 : 2014.03.08 23:38
 字数 : 1008
5
投票しない
けむたくない
めぐる


最後にいつもの挨拶をゆくりと読み上げて、ゆるやかにBGMが小さくなていくのを聞き届ける。
自分の声に余韻を感じるなんて自惚れているかもしれないけれど、ラジオ局の一日をしめくくる深夜3時なら似合わないことでもないだろう。
ガラスの向こう側でも大体は肩の力を抜いて一息してから片付けなどを始めるのだが、今日はやけに忙しそうに動いている。打ち上げの場所まで決まている雰囲気だ。

「桑名さん、今日は焼肉ぽいですよ」

だから撤収はなるはやで。スタジオを出るとデレクターの八木君が何故か耳打ちで教えてくれた。
こんな時間からでも、探せばそれなりに深夜営業をしているお店は見つかるものだ。春に番組を始めた時にはフミレスに行くこともあたけれど、以前深夜を担当していた先輩に教えてもらたり番組で取材をしたりする内に5時まで、7時まで、と飲み屋や食堂がころころと発掘されてきた。

その後プロデサーの鶴橋さんの号令で車に乗り込み、私達は焼肉屋を目指す。
ダイエトをしていると聞いたばかりの気がするADの名張さんも付き合いでとは思えない目の輝きをもたまま隣に座ていた。

「おいしそうですね」

食べる前からとろけそうな顔をしている名張さんが、テーブルに並んだ桜色の豚やら牛やらのお肉を見回した。
そのまますぐ食べられるならつまんだら伸びるんじないかてくらい更にとろけた顔を見れるのに、焼肉というのは目の前の網に肉を乗せて具合を見て、全員が満遍なく食事できるように配慮しなければならない。
八木君がここに初めて来た時激しくA型だと主張していた。
それからは八木君まかせだ。時々名張さんが焼け具合に、鶴橋さんが取り分けの分量に口を挟む。
私は商売道具で店員さんを呼んだりするくらいだろうか。

「春にある、卵に色をつけて隠すてやつ、何でしたけ?」
そういえば鶏肉がないですね、という名張さんが驚きの方向に話しを持ていた。
「マトリシカ?」
牛タンがじと油を落とす音が聞こえてからようやく、
「イースターだよ。かすりもしてないじないか」
鶴橋さんがツコミを入れてくれた。

「で、鶏肉頼みましうか?」
ひと段落した所で呼び出しボタンに手をかける。
名張さんはマトリシカがツボに入たみたいでお腹を抱えているし、八木くんは壷漬けカルビまで頼もうとしているし、鶴橋さんはあきれて烏龍茶を飲んでる。

今月末で番組が終わてしまうなんてうそみたいだ。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない