てきすとぽいトップページへ
第15回 てきすとぽい杯
 1  8  9 «〔 作品10 〕» 11 
 投稿時刻 : 2014.03.08 23:42
 字数 : 1760
5
投票しない
落日
゚.+° ゚+.゚ *+:。.。 。.


 桜の木は夢を見ている。マトリシカだた頃の夢だ。

 一年のほとんどが雪でおおわれている極寒の地だ。そこが、マトリナという名の女の生まれた地だた。女のしるしが来たのは14になてしばらくした頃で、村のおきてに従い、縁戚のきこりの家にとついだ。家は鬱蒼としたはやしの奥にあた。10も年上の、かもくな男とのふたりきりの生活だた。稼ぎもせず、酒を飲むとすぐに暴れる男だた。ひとり目の子どもは1年と経たずにでき、生まれてすぐに死んだ。マトリナは3日3晩泣き明かしたが、夫は死んだ子どもにも子を亡くした妻にも心が動かぬようだた。夫の仕事もあまりなければ、他にごらくもないから、2人目の子どももすぐに出来た。今度は死ななかた。夫は稼がぬし、子どもに見抜きもしなかた。マトリナは毎晩子の世話をし、家の世話をし、町へ出ては物乞いをしてその日の食べる分をかき集め、帰てきては夫の暴力を受けた。3人めの子どももすぐに出来た。やはり今度も死ななかた。それから、4人目、5人目と生まれた。育てることができず、狼のうなるはやしの奥底へ間引いてきた。
「まるでマトリシカだな」
 と、ある日、男は言た。物乞いをしにいた町で出会た男だた。
「マトリシカ?」
 とマトリナは聞いた。
「他愛もないおもちのことさ」
 と男は言た。
 酒場で出会た男は、マトリナの夫と同じくらいの歳で、しかし、何もかもが違う男だた。綺麗な服を着ていて、綺麗な立ち姿をしていて、綺麗な顔をしていた。マトリナは小さな村で生まれ、すぐにはやしの奥底に嫁いだから、何も知らなかた。男がぐんじんと言う仕事をしているのだということも、男に尋ねて初めて知た。町の人間なら、その身なりですぐに男が軍人だと知れ、物乞いなど決してしないのだと。
 マトリナは男から銀貨を貰い、店でありたけの食べ物を買て家に戻た。
 次に会た時、男はマトリシカという玩具を見せてくれた。
 様々な色を使て塗られた小さな人形の、腹を割ると、中から小さな人形が出てくる。その小さな人形を割ると、更に小さな人形が出てくる。その小さな人形を割ると、更に小さな人形が出てくる。マトリナはそれを見ているうちに、唐突に気分が悪くなた。
「やめて」
 と言てマトリナは次のマトリシカを取り出そうとする男の手を止めた。
 マトリナは男から銀貨を貰い、店でありたけの食べ物を買て家に戻た。
 次に会た時、男は戦地に行くのだ、と言た。
「桜の咲く国だ」
 と男は言た。
「さくら?」
 とマトリナは聞いた。
「薄紅色の、儚くて美しい花だ」
 と男は言た。
 酒場で出会た男は、マトリナとはもう会うことはないと言た。遠いところに行くからだ、とマトリナは思た。それから、この男は最初から遠いところにいる、とも思た。
 マトリナは男からいつもより多く銀貨を貰い、店でありたけの食べ物を買て、家へ向かたが、男の事を考えると、家に戻り難い何かが胸の内に生まれた。マトリナは小さな村で生まれ、すぐにはやしの奥底に嫁いだから、それがどうしてなのかわからず、しかしわからないからといて家には戻れなかた。そのうちに、マトリナははやしの奥深くへ迷い込んで、狼に出くわした。マトリナは狼に手足を食いちぎられる間、男のことを考えていた。次があるなら桜の咲く国に生まれたいと。

 桜の木は考えている。マトリナだた頃のことだ。マトリシカのように延々と子どもを産み続けるマトリナを男が蔑んでいたのが、今ならわかた。何も考えられずあのまま家に帰ていればよかたのだと桜の木は考えている。
 桜の木は路上に根を張り花を咲かせている。春になるといつも花を咲かせて、散り、葉を出して、それもまた季節が巡ると散ていく。何度花を咲かせても、桜の木は何も生み出すことはない。
 桜の木が根を張る桜並木は学校の近くにあて、時折、満ち足りた笑顔の学生が、肩を寄せ合いゆくりと歩いていく。マトリナは小さな村で生まれ、すぐにはやしの奥底に嫁いだから、そんな時に胸の内に生まれる心のことを何も知らなかた。
 春、桜の木は時折涙を流す。桜色の涙が満ち足りた男女の上に降り注いでいる。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない