てきすとぽいトップページへ
第16回 てきすとぽい杯
〔 作品1 〕» 2  17 
二日酔い
 投稿時刻 : 2014.04.05 23:11 最終更新 : 2014.04.05 23:40
 字数 : 338
5
投票しない
更新履歴
- 2014.04.05 23:40:42
- 2014.04.05 23:11:01
二日酔い
小伏史央


「お客さん、終点ですよ」
 そう言われても困る。わたしは寝ているのだ。
「お客さん。お客さん? 起きてください」
 ぐーすかぴー
 ところでわたしは死んでいる。わたしを見下ろすわたしが言た。ぐーすかぴーらぱぱらぱー
「終点ですよ」ぱぱらぱー。「降ろしちいますよ」ぴぴ。
 わたしは降りる。わたしもわたしに着いて電車から降りた。空が暗かた。でもぴかぴかと妙に輝いていた。きらきらきら。ああこれは天国だ。わたしを迎えに来たに違いない。ぱぱらぱー
 がしん。がしがし。わたしはそのまま家に帰た。そのころにはわたしとわたしはひとつの体に収束していた。ああ、なんだたのだろう。わたしがわたしを見下ろしていた。
 きとこれはなにかの前兆だ。明日、なにかが起こるに違いない。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない