てきすとぽいトップページへ
第16回 てきすとぽい杯
 1  11  12 «〔 作品13 〕» 14  17 
落ちた駕籠かき
志菜
 投稿時刻 : 2014.04.05 23:44
 字数 : 1429
5
投票しない
落ちた駕籠かき
志菜


 羽織は羊羹色に色褪せ、落し差しにした刀の鞘は擦り切れている。足を引き摺るようにして、見るからに浪人といた風情の男が、山の中の街道をとぼとぼと歩いていた。
 陽さえめたに差さぬような薄暗い山中である。山肌を覆う苔はしとりと濡れて蒸せるような匂いを放ている。道の反対側は切り立た崖になており、下からはわずかながらせせらぎの音が聞こえてくる。
 男は足を止めた。
 人の声が聞こえた。男の声で、怒鳴ているようである。
 道の先はゆるりと左へ曲がており、木々が邪魔になて見通しが悪くなている。男は刀の柄袋を取り、閂に挿し直した。右手で破れた笠の紐を解きながら慎重に足を進めると、やや開けた大木の根元に駕籠かきがいるのが見えた。四手駕籠は地面に下ろされており、中に老人が座ているのが見える。
 駕籠かきの一人は、恫喝するような低い声で言た。
「お客さん、終点ですよ。何度言たら分かるんですかね
 尻端折りをした上半身は裸であり、りうと盛り上がた筋肉を誇るように腕を回しながら言う。
 中の老人は、怯えるような目で駕籠かきを見上げる。
「わ、わしは次の宿場まで、と頼んだはずや……
 それを聞いて、もう一人の駕籠かきも口を開いた。
「は、聞こえませんな? 最近耳の通りが悪くてね。酒手をはずんでもろたらもうちとよく聞こえるかもしれませんがね」
 若く、きんきんとした声だ。さき聞こえた声の主は、この男のものらしい。
 浪人の男はゆくりと歩いて行た。
「無体なことを申すでない」
 突然現れた侍に、駕籠かきたちは驚いたように振り返た。
「な、なんで、てめえは」
 高い声の男を制するように、上半身裸の方の男が、手を広げながら落ち着いた口調で言た。
「お目汚しをしてすみやせん。どうぞ、気にならさずにお通りください」
 相手が痩せた、みすぼらしい侍だと侮るような慇懃な口調であた。
 男は目を細めた。
「老人をいたぶている破落戸共を見過ごしていくわけには参らぬな。わしが一緒に付き添てやるゆえ、早く駕籠を担げ」
「付き添いて何だよ。何言てんだこの野郎」
 殴りかかてきた若い方の男が息杖を振り上げて殴りかかてきたが、男はなんなく体を交わしながら足をかける。体制を崩した駕籠かきは勢いよく転んだ。すぐさま立ち上がろうとしたようであるが、逆上していたためか足が絡まり、よろけるように崖の向こうへと転がり落ちた。
「うわ
 崖は急な斜面となており、羊歯のような植物が覆い茂ている上を落ちていたらしい。一瞬の後にうめき声と助けを呼ぶような悲鳴が聞こえた。
「あのばかが……
 残された駕籠かきは、荒々しく舌打ちをした。男は駕籠かきを振り返る。
「助けに行てやらなくてよいのか」
 駕籠かきの男は息杖を地面に投げ捨て、駕籠の中で呆然としている老人と侍をそれぞれ短く見たあと、落ちた仲間を助けるために腰紐を持て崖の下へと向かた。
 男は老人の元へ歩いて行く。
「こうなては歩いて行くしかなさそうであるが、歩けますかな?」
 どこかの商家の隠居といた風の老人は、這い出るように駕籠から出てきて言た。
……助けていただき、ありがとうございます。こうなてはそうするよりありませんね」
 一人でこんな山道に入るにはなにか訳がありそうであるが、男はそれについては何も言わぬまま苦笑した。
「峠の茶屋まで行けば、別の駕籠なり、馬なりを呼んでもらえるかもしれません。お供仕ろう」
 老人は頷くと、男とともに歩き出した。





 
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない