てきすとぽいトップページへ
第16回 てきすとぽい杯
 1  13  14 «〔 作品15 〕» 16 
夜間歩行
味の外
 投稿時刻 : 2014.04.05 23:56
 字数 : 1494
〔集計対象外〕
5
投票しない
夜間歩行
味の外


 どこまで来たのだろうか。
 自分の知ている駅は、とうに通り過ぎている。 
 どこの駅に向かているのかわからない。外の風景から判断しようにも、周りは街灯の明るさひとつなく、夜の闇がただただ拡がていて、どこにいるのかすらはきりとわからない。
 ガタリ、と電車の強い揺れと共に、乗ていた車両が突然暗くなた。前の車両も。電気系統のトラブルだろうか。
 明るい車両を求め、後ろの車両へと移動した。車両間のドアが抵抗なく開いて私を迎え入れた。
 また強く揺れた。この車両も照明が落ちた。もうひとつ後ろへ。揺れた。暗転。後ろへ。
 疲労が溜また体で空いている席に座ると、強い眠りの感覚に抗えなかた。重くなる目蓋と体を感じる。
「お客さん、終点ですよ」
 急に上から声がして、私は首を伸ばした。車掌が苦笑いを浮かべながら、私に告げる。
「ここ、終点です」
 知らぬ間に前の車両の照明は直ていた。私は何両の車両を歩いてきたのか。うまく思い出せなかた。
 電車を出て、駅のホームに立た。降りる乗客は私一人しかいなかた。こんな線、あたのだろうか。やはりうまく思い出せなかた。
 戻りの電車を待とう。きと私の知ている、私の降りる駅にまで連れて行てくれる電車を。そう考え、反対側のホームまで歩いた。
 始発駅となる、先ほどまでの終点で電車を待ていた。戻りの電車が来る方をじと見やていた。ふいに、この先の線路がどこまで行くのか、そんなことが気になた。
 いい齢して何をやているのか。まるで馬鹿な学生みたいだ。自嘲しながらもホームから線路に降りた。線路の向こうへと、歩いた。
 漆黒の中をひたすら歩いていた。玉のような汗が顔中に吹き出て、それを夜が冷やしていく。息が切れそうになる。ネクタイはとうに捨てていた。汗を拭くために持ておくんだたか。いつ捨てた? うまく思い出せなかた。
 はと疲労と闘いながら歩いていると、突然、目の前に眩しい光と、耳障りな轟音がなた。電車だ。対向の線路にまで足をもつれさせつつも急いだ。反対側まで移動して、フンスに背もたれ、うるさい電車が過ぎ去るのを間近に感じていた。最後の車両が過ぎるとき、線路の敷石がひとつ、私をめがけて
跳ねた。当たる――そう思たが、肩の上をかすめてフンスとぶつかた。ガシンという音が、停止する電車の音のように耳の中に響く。
「お客さん、終点ですよ」
 さきの車掌の台詞が蘇た。実は周りの闇に溶け込み、そう話しかけているのかもしれない。とにかくうるさい。線路の先へ行く。
「ここ、終点です」
 だまれ。確かに疲れている。だがまだ足は動く。もたれたフンスから背中を引き剥がし、まだ見ぬ向こうへと足を運ばせる。
「終点だて」
「終点」
「ここから先なんてないんだからさ」
 わかた。だまらなくていい。好きに言うといい。足の運びは止めない。
 耳がふさげないというのは、中々難儀するものだな。うるさいのばかりが聞こえてしうがない。
「振り返て駅を見ろ」
「戻ればだまるぞ」
「あの駅で電車を待つといい」
「始発駅」
 声がずと離れない。あらゆる方向から、男の声、女の声、子どもの声、老人の声で私に投じられた。あの駅? 電車? 始発駅? 何のことだ? うまく思い出せなかた。
 いつしか線路は途絶えていた。いつから線路でなくなたのか、どうでもいいことのように思えた。耳の中ではワンワンと鳴り響く無数の声が思考を妨げようとした。すでに声に対する興味は失せ切ている。この先にしか進まない。

 どこまで来たのだろうか。
 自分の知ている駅は、とうに過ぎている。
 知らない闇の中を一人歩いて、どこまでも。振り返らずに。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない