てきすとぽいトップページへ
第16回 てきすとぽい杯
 1  14  15 «〔 作品16 〕» 17 
四角い切符
 投稿時刻 : 2014.04.06 00:26
 字数 : 907
〔集計対象外〕
5
投票しない
四角い切符
三和すい


 遅くなたので、帰りは彼の車で送てもらた。
 彼とのドライブは以前は楽しいものだた。短い時間でもいろいろな話をして笑たりした。
 でも、今夜は私も彼も無言のまま。私が座ているのも助手席ではなく後部座席だ。
 原因はハキリしている。
 私と彼の結婚を、どちらの両親からも反対されているからだ。半年以上前から説得しようと努力しているが、状況はまるでかわらない。
 そのことに、私も、彼も、疲れていた。
 二人で会ても、どうしてもお互いの両親の話になり楽しめない。ケンカも増えた。笑て「ごめんね」と謝ることすらできなくなた。
 そして今夜、
「俺たち、どうしようか」
 そんな言葉が彼の口からこぼれた。
 つまり、このまま結婚せずに付き合うか。
 それとも、別れるか。
 返事ができないまま終電の時間が過ぎ、私は彼の車に乗せられて自分の家に向かている。
 彼は何も言わない。
 私も何も言えない。
 何も考えたくなくて窓の外ばかり見ていたけれど、車は止まらない。
 見慣れた町並みが近づいてくる。
 やがて車が止また。私の家が少し先に見える。歩けば数分の距離。雨も降ていない。
 だけど、私は彼の車から降りたくなかた。
 降りてしまうと、すべてが終わてしまうような気がした。
 なかなか降りない私に「お客さん、終点ですよ」と、彼が冗談ぽく言う。
 けれど、私は笑えない。首を何度も横に振る。
「イヤよ。このまま乗てる」
「終点て言ただろう」
「終電じないんでし? だたら、また出発するわよね? それまで乗てる」
……追加料金が必要だぞ」
「じあ代金は私自身で」
 私の子供じみた答えに、彼が大きくため息をつく。
 嫌われたかと心配になた時、
「手、出して」
 素気ない彼の言葉に恐る恐る手を出すと、
「はい、切符」
 四角い小さな箱が私の手のひらに乗せられた。やけに立派なその箱の中に何が入ているのか、見なくてもすぐにわかた。
 信じられない気持ちで顔を上げると、彼が真剣な表情で言た。
「ここからの道のりは険しいが、それでもいいか?」
「あなたは?」
「お前が側にいてくれるなら頑張れる。お前は?」
「あなたが一緒なら大丈夫」
「それなら出発だ!」
 私を乗せたまま、彼は車のエンジンをかけた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない