てきすとぽいトップページへ
2014年4月22日の物語
 1  3  4 «〔 作品5 〕
火曜日のタイムスリップ
 投稿時刻 : 2014.04.26 14:08
 字数 : 897
5
投票しない
火曜日のタイムスリップ
松浦(入滅)


日の出がどんどんと早くなていくその日。
駅に近いが、騒音もひどい私の部屋がまだ静寂に包まれている午前5時に目が覚めた。
体を起こし、部屋の中を見渡す。力強い日差しがカーテンの隙間からあふれ出している。
晴れだ。そして気温は涼しく、湿度も低い。
ふと、出かけてみようかという気になた。

サイクルジジに着替えて、愛車を外に出す。夏用のジジでは少々心細い気温だた。だが、走り出してしまえば大丈夫だろう。部屋で想像したとおりの天気だ。
南へ。多摩川SRを目指す。
早朝の道はすいていて、20分とかからずに多摩川に出た。そして河口へと進む。
とSRが続けばいいのだが、確か狛江付近で左岸は途切れていたはず。
ああそうだ。京王閣をすぎて、しばらく走るとやはりダートがあた。
少し戻て橋を渡るという手もあるが、車道に迂回して進んだ。なにしろ朝だから道の状況は悪くない。
東急線付近では、車道がぐと狭まてだいぶ車に気を遣たが、ふたたびSRに戻れた。
ここまで来れば、羽田は目と鼻の先だ。
かり明るいのに、平日の早朝は人が少なく、なんだか異空間に飛ばされたような感じがする。
まだまだ行けそうだ。
今度は環状七号線を北上して、甲州街道へ。
この道は結構アプダウンがあて、いい運動になる。
ここで自転車に積んできたボトルが2本とも空になた。コンビニで休憩。
出勤前の買い物をするサラリーマンに、変な目で見られる。いや、これは羨望のまなざしか。

三鷹、武蔵野市を経由して自宅に帰たのは9時45分だた。
さすがに汗だくだ。シワーを浴びて、着替える。
タオルで髪を拭きながら席に着き、パソコンの電源を入れて10時。
10時!
たく電話を取り損なうこともなく、始業時刻にはデスクにかえることができた。
自転車で羽田まで行て、街が起きていくのを観察しながら80キロほど移動した。誰にも気づかれることなく、だ。
嘘みたいな話しじないか。自分でも不思議な感覚だ。5時に起きることも、10時に仕事を始めることも、おかしな話ではない。だけど、その間にやたことを思うと、とても平日の一日に収まるようなことじない気がするのだた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない