てきすとぽいトップページへ
2014年4月22日の物語
〔 作品1 〕» 2  5 
最後の4月22日
 投稿時刻 : 2014.04.22 21:07
 字数 : 1576
5
投票しない
最後の4月22日
しゃん@にゃん革


 すでに知ていると思うが、と前置きをすると、憂鬱そうな溜め息が一つ漏れた。
「まあ、しうもない仕事かもしれんが、気を引き締めてふだんどおりに作業してほしい。残業代を稼いで、美味いもの食たり、遊びに行たりできるチンスでもあるしな。事故だけにはくれぐれも気をつけて、がんばるように」
 工場の片隅で行われる朝礼は、いつも工場長の一言で締める。けれども珍しく不貞腐れ気味なのは、工場長も納得していないからだろう。顎が尖て神経質そうな顔が、殊更に近寄りがたい形相になていた。工場長のような生真面目なタイプほど、今回の仕事は受け入れがたいにちがいない。
「しかし、面倒くさいよな。下手したら、これからはちとした気紛れで刷り直しか。カレンダーなんて、もう作らなきいいんだよ」
 朝礼が終わると、荒い声が隣から聞こえた。同僚の青木が、見事に口をへの字に曲げていた。
「でも、仕方がないよ。日付を一個消すだけで、みんなの命が助かるんだから」
「それにしたて、なんで4月22日なんだよ。ニスでは、特に意味はなさそうだて言ていたぞ。あいつら、俺らのことからかているだけだ。明日には、11月15日を認めないと言いだすかもしれないぞ」
 そう、ブンガク座からやてきたオーサワ星人のおかげで、僕らはてんてこまいだ。どんな背景があるのか、4月22日をなくさなければ地球を侵略するという。国際会議が開かれた結果、オーサワ星人はあのエイコー星人を飼い慣らしていることが判明した。とてもじないけど、かなわない。エイコー星人に再び襲われたら、地球は今度こそおしまいだ。
「そしたら、またカレンダーを作りなおすだけだよ。たしかに印刷会社に勤めている僕らは大変だけど、仕事が減るよりはずといい」
 インク臭い工場の真ん中で巨大なロール紙を印刷機にセトすると、今夜は存分に贅沢をしようと僕は決めた。
 たとえ残業で帰りが遅くなたとしても、僕の誕生日は一年後にはなくなてしまう。ある意味、僕はオーサワ星人に感謝するべきなのかもしれない。だて、誕生日が来ないということは、歳を取らないということなのだから。
 ブンガク座がどこにあるのかも知らないし、どんな理由でオーサワ星人が4月22日を消したいのかも分からない。けれども、わざわざ地球まで来るのだから、圧力をかけるだけの事情がきとあるのだろう。
 というよりも、ブンガク座が星座だたなんてはじめて聞いた。噂によると、オーサワ星人はすばるを狙ていたりもするらしい。一体すばるには何があるのだろう。稀少な鉱石か、それとも宇宙侵略上での拠点にするつもりなのか。
 やがて刷り上がたカレンダーを手に取ると、僕はあることに気がついた。4月の第4週。そこには、23A日と23B日という日付が並んでいる。
「ふざけんなよ。なんだよ、これ。なにがBだよ!」
 怒りに満ちた青木の声が工場の中でこだまする。彼は僕と一日ちがいの誕生日だ。
 明日は食堂でランチを奢てやろうと思いつつ、仕事に没頭した。宇宙は謎に満ちている。これから先の人生、4月が訪れるたびに、僕は青木の怒りを思い出すにちがいない。
「ちきしう! 23Aだの23Bだのて、服のサイズや鉛筆の濃さじあるまいし!」
 許さない! 許さない! 許さない!
 工場の中では、わずか数人だけど激しい抗議の声がする。
 23Aを狩れ!
 いずれそんな発想に進みそうな気さえしたが、それよりも大変なことが起きている。
 スマホをのぞくと、ヤクルトが例によて逆転されていた。
 チーム防御率6点台だ。
 いくらシーズン序盤とはいえ、こんなひどい数字は見たことがない。
 22日どころか、今日の試合がなくなてしまえばいいと思う。
 助けて、オーサワ星人。
 防御率が悪いチームが優勝というルールに変えてくれー
 このままだとシーズン100敗しちうよー
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない