てきすとぽいトップページへ
2014年4月22日の物語
 1 «〔 作品2 〕» 3  5 
 投稿時刻 : 2014.04.22 21:46
 字数 : 1557
5
投票しない
2の下僕
晴海まどか@「ギソウクラブ」発売中


「今日て、4月22日なんだよ」
 僕の言葉に、クンにあごを乗せ、ごろごろしながらずとスマホをいじていた彼女は顔を上げた。今日は外は朝から天気が悪くて、出かける気力が起きない、と夕方近くにやて来るなり、彼女はずとこんな感じでここで過ごしている。そろそろ僕はお腹が空いてきたんだけど、彼女は夕飯のことはどう思てるんだろう。
「だから、何?」
 リラクスタイムを邪魔されて、彼女はいかにも不機嫌そうな顔をした。
「2で割り切れる数ばかりだなて」
 そんなことで声かけたの? なんて半ば呆れたような顔をして、彼女は僕の方を見やた。
「それなら、4月4日も、2月22日も、全部2で割れるよ。8月8日もね。わざわざとりたてて言うような話?」
 仮にも僕は彼氏だと思うんだけど、その反応はちとヒドいと思う。
……僕だて、無駄話くらいするよ」
「そうだね。ほんと、無駄だね」
 ふふんと笑て、彼女はスマホに視線を戻した。
 なんか悔しい。
「22を素因数分解すると、2と11だね」
 彼女は返事をしない。
「2で割り切れる数のくせに、相方が11だなんて、なんとも中途半端だよね」
 彼女はとうとうこちらに背を向けた。
「11てさ、素数じん。オールマイテの2の相手をするには役不足て感じがするよね」
 彼女の腕が動いているのが見えた。またスマホをいじている。彼女は今、ドラゴンを倒すだかなんだかのパズルゲームにはまている。
「そもそもさ、なんで、数字の世界だと2て偉いんだろうね。二つに割れることがそんなに重要なのかな。むしろ僕は、19とか113とか、2179とか10657とか、そういう素数の方に敬意を払いたいと思うよ」
 もそもそ、と彼女は肩を動かして、首だけでこちらを振り返た。
「なんでそう、スラスラ素数、言えるの?」
「高校時代に円周率を覚えるのに飽きて、一時期、素数を覚えるのにハマてたんだ」
 彼女がやとこちらを向いてくれたので、嬉々として答えたのに。
……円周率、覚えてたんだ」
 今も昔も暇人なんだね、なんて言われてしまた。言ておくけど、僕はそれなりに忙しい大学生活を送ているし、アルバイトだてやている。今日だて、彼女の予定に合わせて時間を工面したのに。
 彼女はまた僕の方を向いてくれなくなた。悔しくて、僕は喋り続ける。
「素数てさ、孤高な数字なんだよ。誰にも頼らないで、俺は俺だて自己主張してる感じ? 10657なんて、5ケタもあるのに独立してるんだよ? すごいよね。特に、2の野郎に媚びてないのがすごくいいと思う。1024なんかさ、4ケタもあるのに2の倍数なんだよ? 割て割て割て割て、それで最後に残るのはやぱり2なの。結局、お前も2の下僕なのねて感じ。ね、わかる? この数字の世界の厳しさ!」
 彼女の反応はなくて、今度こそ僕は泣きそうになた。
 しばしの沈黙ののち。
 彼女は、のそりと起き上がた。
「訊いてもいい?」
 投げかけられた彼女の言葉に、コクコクと何度も頷き返した。
「結局あんたは、2の下僕ばかりで構成されてる、4月22日が嫌いなの?」
 答えられずにいる僕を、じと見つめて。
 はと彼女は嘆息した。それから、タイトなジーパンのポケトから小さな包みを取り出した。
「誕生日、ちんと覚えてるから」
 差し出されたそれを受け取た。重みがある。そと包みを開くと、鈍く光を反射するキーン。
「ケーキも買てあるし。玄関に置いてあるの、気づかなかた?」
……気づいてなかた」
「ほんと鈍いね。回りくどいことすんな、バカ」
 口の悪い彼女は、ぶつぶつと僕に文句を言い続けている。
「あんたみたいなのは、2の下僕にでもなてろ」
 僕は、絶対的に素数びいきではあるんだけど。
 今日くらいは、2の下僕でもいいかなと思た。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない