てきすとぽいトップページへ
第二回 てきすとぽい杯〈てきすとぽい始動一周年記念〉
 1  13  14 «〔 作品15 〕» 16  19 
_____と%$$
 投稿時刻 : 2013.02.16 23:34 最終更新 : 2013.02.16 23:44
 字数 : 1669
5
投票しない
更新履歴
- 2013.02.16 23:44:13
- 2013.02.16 23:34:49
_____と%$$
雨之森散策


『お客様の中に_____はいらいませんか?』
 そのアナウンスを聴いた時、俺は思わず失笑してしまた。
「なんか、旅客機とかで急病人でも出たみたいなセリフだな」
 そう言て隣を歩く彼女を見やると俺とは違い彼女の方は妙に深刻な表情をしていた。
……今、あの人なんて言たの?」
「さあ、ナントカの方はいませんかて」
「ナントカて?」
「知らないよ」
 俺のその言葉を聞く前に彼女はアナウンスの源である女性店員へと歩み寄ていた。
 ここは日曜日のデパ地下であて空中を飛ぶ旅客機とは訳が違う。急病人やけが人程度なら救急車やパトカーを呼べば済む話だ。
『お客様の中に_____はいらいませんか?』
 また例のアナウンスだ。いたい何を必死になているのだろう。またしても肝心の部分を聴きそこねた俺は彼女の後ろ姿を見つけるとやれやれといた態を装い近づいた。ちとした好奇心に刺激されてもいたがわざわざ彼女に告げる事もない。
「何か分かた?」
 そう言て彼女の顔をのぞきみたが、その表情はいつもと明らかに違たものだた。頬は蒼白になり、かちかちと歯の鳴る音が聴こえる。
『お客様の中に_____はいらいませんか?』
 三度のアナウンスで俺はようやく違和感に気づいた。これだけのアナウンスをやているのに女性店員の周りには彼女と俺を除き誰も集まてはいないのだ。そして周辺には何らかの異変が起こた様子もない。なのになぜ彼女はこんなにも顔を青くして震えているのだろう。
『お客様の中に_____はいらいませんか?』
 前髪をぱつりと切た女性店員の佇まいはどこか人間味が薄く、まるでロボトのようだ。
――私」
 蒼白の彼女がようやく唇を開いた。ようやく俺は恐ろしくなてきた。
「私、*+=%$から来た「¥です」
 彼女がそう呟いた途端、前髪ぱつりの店員が強烈な反応を示した。
「*+=%$の? では間違いなく_____ですね」
 この店員は相変わらず何を言ているのかが分からない。しかしなぜ彼女の言葉さえも俺は理解できないのだろう。
……お前ら何やてんだよ」
 悲鳴に似た声を上げた俺を二人は一瞥すると、
「「¥、こちへ」
「%”=
 完全に無視した。彼女は店員の案内に従いカウンターへ入るとシウケースから大皿を引き出す。
……まさか」
 一瞬俺の理解できる日本語を発した彼女だたが店員が何事かを吹き込むと火が着いたように泣き始めた。
「’&▲○まで! ;)¥!の%$$!」
 もう何を言ているのか全然分からない。彼女は大皿を前に膝から崩れ落ちた。
「おい、このサラダが何だて言うんだよ」
 大皿に盛られていたのはどこにでもあるただの海鮮サラダだた。マヨネーズベースと思われる白いドレシングが艶かしく光ていて思わず唾が込みあげてくる。
「%$$!」
 店員が俺の理解できない事を叫んで睨んだ。背中に悪寒が走る。殺気というものがあるとしたら恐らくこういうものを言うのだろう。 
「ねえ」
 シウケースの前でしがみこんでいた彼女がゆくりと立ち上がる。蒼白と思われた顔は更に白くなていた。
「それおいしそうに見える?」
 俺の目を見た。彼女の目は金色に光ていた。比喩ではなく、光ていたのだ。
「いや、全然……
 とさにそう言た。ウマそうだと言えば殺されると思たからだ。ずと俺の表情を伺ていた彼女に瞳の金色の光が、ふと消えた。そして彼女は息を吸い込んだ。
「嘘つき」
 それだけ言い残すと前髪ぱつりの店員とともに彼女はぺらぺらと音を立てて消えた。
 俺の前に残されたのは大皿の海鮮サラダ。そして店員と彼女、二人分の『皮』だた。

 白いドレシングは予想どおりマヨネーズベースだた。エビはぷりぷりとしていて、くらげの歯ごたえも堪らない。やぱり舌は嘘をつけない。
 その夜俺は消えた彼女の事を思いながら海鮮サラダを食べていた。食べれば今日の事を全部忘れられると思ていたが、そのうち塩味がきつくなてきて俺はトイレにかけこみ食べたものを全部吐いた。

← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない