てきすとぽいトップページへ
第二回 てきすとぽい杯〈てきすとぽい始動一周年記念〉
 1  15  16 «〔 作品17 〕» 18 
お客様の中に小説家様はいらっしゃいませんか
 投稿時刻 : 2013.02.16 23:42
 字数 : 1074
5
投票しない
お客様の中に小説家様はいらっしゃいませんか
山田佳江


「お客様の中に小説家様はいらいませんか」
 キビンアテンダントの緊迫した声に、私は耳を疑う。
「お客様の中に小説家様はいらいませんか、お客様の中に小説家様はいらいませんか!」
 飛行機は羽田空港を出発したばかりだた。

「おい」
 夫がひじで、私のことをつつく。
「なに?」
「小説家て」
 夫と私のやりとりを目ざとく見つけたキビンアテンダントが、私たちのそばに駆け寄てくる。
「お客様は小説家様でしうか」
「小説家というほどのものでは」
「執筆歴はありますか?」
 キビンアテンダントは片膝をついて、通路側の席に座る私に話かける。
「十年くらい小説を書き続けてますよ。俺は読んだことないけど」
 他人ごとのように言い放つ夫を睨みつける。それからキビンアテンダントに向き直り、
「小説家志望です。なにが起こたんですか」
 と、覚悟を決めて尋ねた。

 私は一人でコクピトに通された。
「これは?」
「オンラインで地上に繋がているようなのです」
 こじ開けられた計器の内側に、スマートフンが接続されている。
「管制塔から連絡がありました。この航空機は一時間以内に爆破されます」
 操縦席に座た機長が、冷静な声で私に告げる。
「これを見て下さい」
 私はスマートフンを覗きこむ。

『福岡空港到着までに、お題に沿た小説を書いて投稿。星五つの評価を得ることが、爆発の解除キーとなる。まもなくお題発表』

「福岡空港到着までに?」
「あと一時間二十分です」
 機長は私に説明する。このスマートフンはインタートを経由し、どこぞの小説投稿サイトに繋がているらしい。私がここに小説を書き、そのサイトを閲覧しただれかが評価を下す。星五つに満たなければ、計器に埋め込まれた爆弾が爆発する。
「これ、外せないんですか?」
「接続を解除すると爆発します」
 スマートフンの画面が自動更新する。

『お題 : 三題「振動」「初夢」「ポプコーン」これらの言葉を、タイトルまたは本文で使用してください』

「あ、これ適当に書いて、管制塔の人に星五つをつけて貰たらいいじないですか!」
 名案だと思たのに、キビンアテンダントとパイロトに厳しく睨まれる。
「ここにいる百人以上の命がかかているんですよ!」
「お願いします!」
 私がこれを書かなければ、この飛行機は爆発する。いまいちリアリテがないけど。
「あと一時間十五分」
 実家に預けてきた子どもたちのことを思う。それから客席にいる夫のことを。
「振動、初夢、ポプコー……
 私はスマートフンの画面にタチする。それから小さく息を吐いて、『作品を投稿する』ボタンを押した。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない