てきすとぽいトップページへ

プロフィール画像
山田佳江
@yo4e

居場所    : 福岡県北九州市
ホームページ : http://t.co/HJzJWONMf7

ネットの片隅で小説を書き続けています。39歳主婦。夫と7歳娘と4歳息子と4人暮らし。在宅でささやかに映像系の仕事などしています。
主催イベント
第一回 日本法螺小説大賞作品数 : 10
公開日 : 2013.03.20 14:09審査期間 : 2013.04.02 00:00 ~ 2013.04.15 23:00
広義の法螺小説を募集。年齢・プロアマ不問。
【各賞説明】 ...
エントリー作品
【第29回 てきすとぽい杯】
そして誰もいなくなっちゃった(1212字)
投稿時刻 : 2015.10.17 23:44
 夕方からは庭でバーベキューをする予定だったのに、雨は止みそうもなかった。
「これじゃあ、買い出しにも行けないね」 ...
【来たれ てきすとぽい作家! 800字小説バトル】
目的(800字)投稿時刻 : 2014.10.26 23:53
「少し前に、そこの駅前広場に高校生がたくさんいたんだよ」
「修学旅行シーズンだからかしら。ところで話ってなに?」 ...
【第21回 てきすとぽい杯】
箱の中(328字)投稿時刻 : 2014.09.20 23:45
 誰かの携帯電話が鳴った。
 この室内ではない。壁を隔てた向こう側から聞こえる電子音。 ...
【第1回てきすとぽぽい杯(15分拡張版)中止と見せかけ、ゲリラ開催】
箱の外(173字)投稿時刻 : 2014.09.20 23:45最終更新 : 2014.09.20 23:54
 誰かのお腹が鳴った。
 随分と大きな音だった。箱の中の被験者がまだ、生存しているのだろう。もう何...
【第よん回 10分ついのべ 昼の部 】
テレビの中から高校球児が出てきた。「球場...(Twitter小説)投稿時刻 : 2014.07.26 14:09
テレビの中から高校球児が出てきた。 ...
【第よん回 10分ついのべ 夜の部 】
冷凍庫の中で爆発音がした。彼はすぐに飲む...(Twitter小説)投稿時刻 : 2014.07.25 23:10
冷凍庫の中で爆発音がした。彼はすぐに飲むつもりで、冷凍庫なんかにコーラを入...
【第18回 てきすとぽい杯】
テーマは自由(1110字)投稿時刻 : 2014.06.14 23:44
「自由ってろうそくとプレゼントの箱みたいだよね」
 助手席でスマートフォンの画面を見ながら、妻はつぶやいた。 ...
【第17回 てきすとぽい杯〈GW特別編〉】
幽霊屋敷の浴室(1068字)投稿時刻 : 2014.05.06 23:44
 幽霊屋敷というとだれもが頭に思い描くような、そういったいわゆる古い洋館で、僕とおばあちゃんは向い合って夕食をとっていた。 ...
【第4回 てきすとぽい杯】
最後の地平線(1053字)投稿時刻 : 2013.04.13 23:36
 重い頭を抱えながらベッドを出て、キッチンに行くとテーブルの上に一枚の紙が置いてあった。グラスに水道水を注ぎ、一気に飲み干してからもう一度その紙を眺める...
【第二回 てきすとぽい杯〈てきすとぽい始動一周年記念〉】
お客様の中に小説家様はいらっしゃいませんか(1074字)
投稿時刻 : 2013.02.16 23:42
「お客様の中に小説家様はいらっしゃいませんか」
 キャビンアテンダントの緊迫した声に、私は耳を疑う。 ...
【第一回 てきすとぽい杯】
キャラメルポップコーン(1186字)
投稿時刻 : 2013.01.19 23:34
 僕がロビーに戻ってきても、彼女は目を伏せたまま黙っていた。
「ポップコーンとアイスティーで良かったんだよね?」 ...
【第弐回 10分ついのべ 昼の部 投票所 】
2(Twitter小説)投稿時刻 : 2012.11.03 13:04
吐き出した言葉は、受け止められることも、聞き入れられることもなく、ただその...
【第弐回 10分ついのべ 夜の部 投票所】
18(Twitter小説)投稿時刻 : 2012.11.02 23:09
たくさんの果物を貰った。「こんなに食べきれないからね」と義弟は言った。なぜ...