てきすとぽいトップページへ
第1回てきすとぽぽい杯(15分拡張版)中止と見せかけ、ゲリラ開催
 1  2 «〔 作品3 〕» 4  9 
箱の外
 投稿時刻 : 2014.09.20 23:45 最終更新 : 2014.09.20 23:54
 字数 : 173
5
投票しない
更新履歴
- 2014.09.20 23:54:30
- 2014.09.20 23:45:40
箱の外
山田佳江


 誰かのお腹が鳴た。

 随分と大きな音だた。箱の中の被験者がまだ、生存しているのだろう。もう何日も食物を与えられていないというのに。

 三度目の携帯電話が鳴る。上司への報告の時間だた。
 なにもかもに、うんざりしていた。
「もう、こんなの嫌だ」
 研究室の窓から携帯電話を放り投げる。

 私はいくつも並んだ飼育箱の蓋を開ける。空腹の地球人たちを逃してあげるために。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない