てきすとぽいトップページへ
第1回てきすとぽぽい杯(15分拡張版)中止と見せかけ、ゲリラ開催
〔 作品1 〕» 2  9 
お腹の秋歌
茶屋
 投稿時刻 : 2014.09.20 23:22
 字数 : 645
5
投票しない
お腹の秋歌
茶屋


 誰かのお腹が鳴

 と思た?
 残念でしたー
 これは私の物まね?
 騙された?ね?騙された?
 と得意げに彼女は聞いてくるので僕はうんざりした顔ではいはいと適当な相槌を打つ。
 打たところで相槌とは何だろうと思う。
 相に打ち合う槌か?
 よくわからないと思て、僕はスマホを取り出しググる。
 「相槌 語源」と。
 どうやら鍛冶屋が刀を打つときに使う槌を師匠が打つ合間に弟子が打つのが語源らしい。
 そんな僕の興味を他所に彼女は満足げな顔で一人喋りつづけている。
 腹時計に腹鼓、ま腹太鼓は同じか、それに腹の虫、腹には色んな鳴り物がいぱい詰まてる。
 お腹がすいたら鳴るのが時計と虫だけど、腹鼓は満腹な腹を叩くんだよね。
 ぽんぽこぽんぽこ。
 そんな風にいながら己の腹をポンとたたいている。
 そしておもむろに僕の腹を叩く。
 うわ。ぷにとしたよ。だめだなー。運動不足なんじない?
 うるさいな、と僕は口に出すことはなく、ただ目で抗議した。
 運動しなよー
 やなこたとばかりに僕はそぽを向く。
 夕焼けが眩しい。
 夕焼け空を赤とんぼが飛んでいる。
 もう、秋か。
 そんな風に思う。
 なんだかお腹すいてきちた。
 そんな風に彼女が言うとこちまで腹が減てきた気がする。
 
 誰かのお腹が鳴

 今度は彼女は何も言わず顔を赤らめている。
 僕はニヤリと笑て、おと誰かさんの腹の鳴り物が鳴たな、と言う。
 ますます彼女の顔が赤くなたような気がするのは夕焼けのせいだろうか。
 焼き芋でも食いたいから、どこかで買て二人で分けて食べよう、と思う。
 もう秋だ。
 食欲の、秋だ。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない