てきすとぽいトップページへ
第1回てきすとぽぽい杯(15分拡張版)中止と見せかけ、ゲリラ開催
 1 «〔 作品2 〕» 3  9 
お腹の虫のクオリア
茶屋
 投稿時刻 : 2014.09.20 23:35
 字数 : 574
5
投票しない
お腹の虫のクオリア
茶屋


 誰かのお腹が鳴たはずなのだが、そこには誰もいない。
 無人の空間だけが広がている。
 だが、確かにはそこでは音が鳴たのだ。
 空気と胃腸の壁面とが振動する、ぐ、という音が鳴たのだ。
 しかしながらそれを鳴らすはずのものはそこにはおらず、それを聞くものもいなかた。
 誰も聞くことのない音が鳴た。
 誰も聞くことがなかた音は果たして音としてそとして存在したのだろうか。
 物理的な振動としては確かに存在しただろう。
 だが、それは誰にも聞かれず、振動は鼓膜を振るわせることもなくツチ骨、キヌタ骨、アブミ骨を伝わらず、蝸牛で電気信号に変換されることもなかた。
 音のクオリアを生じさせることもなく、誰もそれを意識することはない。
 お腹の音と感じられるはずの振動は、誰にも感覚されることはなかたのである。
 果たしてそれは音であたのか。
 それとも誰も聞くものがいなければただの物理的振動であたのか。
 音とは何か。
 音は人間に感覚されて、クオリアに想起されて初めて音たりえるのか。
 例えば人間に感覚されることのない周波数は音たりえるのか。
 超音波というものがある。
 人間の耳には聞こえない音だ。
 やはり人間が感じずとも音は音なのか。
 ならば、やはり誰かのお腹が鳴たはずなのだ。
 だが、誰も聞いたものがいないのだ。
 本当にそんな音が鳴たのかと聞かれたら証明のしようがない。
 ぐうの音も出ない。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない