てきすとぽいトップページへ
第17回 てきすとぽい杯〈GW特別編〉
 1  14  15 «〔 作品16 〕» 17  49 
シーサイド・ヒル
大沢愛
 投稿時刻 : 2014.05.03 23:44
 字数 : 2376
5
投票しない
シーサイド・ヒル
大沢愛


 午後十時半を回ていた。海沿いの県道には、ところどころに無料駐車場が設えてある。アイドリング状態で止めた車のLEDライトがガラス越しに見える。夜釣りの客ならもう少し海水浴場寄りに行くはずだ。わざわざ五月の夜に人気の絶えた場所にいる理由については身に覚えがなくもない。今にして思えばげんなりする。
 
 別れた男とのあれやこれやは神経を逆立てる異物でしかない。ところが男の側からすると「いい思い出」みたいで、何年も前に別れた相手から思い出したようにメールが来たりする。
〈ひさしぶり。元気にしてる?この間、新車買た♪慣らし運転で近くまで来て、ついメールしちた〉
 こちの出方を探る文面が神経に障る。これが好き放題な要求を重ねた挙句、私の友だちと二股かけて別れた男の言うことだろうか。ひと言でも言い返せば調子づくに決まている。ことさら着信拒否にすると深読みしてアパートの外でクラクシンを鳴らしたりする。黙て消去して、ひたすら無視するしかない。
 夕食を終えてバスタブにお湯を溜めている時にメールが入た。週末のこの時間は、それぞれ予定に従て過ごしている時間だ。暇つぶしメールを送ると足元を見られる。点滅するデスプレイを開くと、トシキからだた。友だちのキウコがつきあていた相手だた。彼女がいなくなてから一時期、つるんでいて、元彼、になりかかたこともある。結局、初めて一緒に週末の駐車場へ行た日に、新しい彼女ができたと告げられた。なら連れて来るなよ、と言いそうになたけれど、ルームライトの下で心底すまなそうにしている顔を見ているうちに、自分でも分からない衝動が芽生えた。スイチに手を伸ばして消すと、運転席にのトシキにのしかかていた。押しのけようとする腕を払いのけて、吐息を唇で覆た。二時間後、アパート近くの路上で車を下りたあと、二度と顔を合わせなかた。メールはすべて無視した。問題の彼女とは別れたらしい。届いた文面から、それを交換条件にしようとする臭いが伝わてきたところで一気に醒めた。肝腎なところで自分から動けない男は、付き合うほどに疲れてくる。キウコの名前とともに記憶のごみ箱に放り込んだ。
〈キウコを見つけた。今すぐ来てほしい〉
 トシキのメールはそれだけだた。何度も見直した。行方不明になてから三年が経つ。あのころの週末には放心状態のトシキを助手席に乗せて、海沿いの町をくまなく走り回た。心当たりの場所、というのは要するにトシキとキウコがふたりで出かけた場所だた。デートスポト巡りを繰り返しているうちに、少しずつ口もほぐれてきた。キウコがひとりで行きそうな場所についてはトシキは何も知らなかた。「だてさ、俺と付き合ていたんだから」確かにそうかもしれない。なら、いなくなた女を探すこと自体、無意味な行為になる。それを言うと本気で落ち込んだ。キウコが前彼と一緒に行た場所はさんざん聞かされていたけれど、トシキには言わなかた。さらにその前の彼とのデートスポトも。全部ぶちまければトシキは壊れてしまうかもしれない。それでも、キウコ好みのイケメンとは少し異なる丸顔のトシキを載せてのドライブは、ひそりとした楽しみにもなていたのだ。会社からの帰途、車にガソリンを満タンにしていた。バスのお湯を止めて、手早く着替えてエンジンキーを取り上げた。

 海沿いの道を左に折れて、山道に入る。ヘドライトが灌木の茂みを撫で、目の奥に残像を重ねる。ギアが下に切り替わり、上り坂は急になる。山肌を左に見ながら曲がりくねた道を進むうちに、不意に視界が開けた。
 海が見える。木柵に沿て走り、崖の上に突き出た駐車場に出る。暗がりの中に車が一台、止まているのが分かる。一台ぶんの距離をあけて、隣に寄せる。ミニバンだた。ドアが開いて、人影が降り立た。ヘドライトの前を横切る瞬間、顔が浮かび上がる。
 トシキだた。
 運転席側に回り込み、ガラスを軽くノクする。エンジンを止めて、車から外に出る。崖下から波の音が湧き上がる。潮の香りが、ねとりとした湿気とともにまとわりつく。車から離れる。背後でドアが自動でロクされる。振り向くと、黒い影法師になたトシキがこちらを見下ろしていた。
「ようやく、見つかた」
 声はどこか冷ややかだた。三年前の、ひとの顔色を窺うような気弱さは感じられない。
「おそい」
 溜め息をつきながら、星空を仰ぐ。ここから見る夜空は、いつだて星でいぱいだ。
「そこの廃ホテルだたんだね。あの頃から幽霊屋敷で有名だたけれど、どちかというとヤンキーの溜まり場のイメージが強かた」
 ヒールなしで正解だた。有刺鉄線と板で囲まれているけれど、敷地に入れば雑草が生い茂ている。チノパンにしようかとも思た。でも、トシキがいるなら無理してでもスカートだ。
「高校時代のキウコにはおなじみの場所だよ。アンタ、本当に知らなかたわけ?」
 ゆくりと舗面を歩き始める。砂利を踏む音が闇に響く。
「その高校時代、キウコの仲間に連れ込まれたてね」
 廃ホテルのシルエトが浮かび上がる。埃だらけのフロアと、すりむけた膝や手のひらの痛み。割れたガラスのそばで微笑むキウコの顔。
「そういうつまんないことを嗅ぎ回ているからダメなのよ、アンタ」
 駐車場出口の木柵が近づいてくる。背後で、そうだね、という声がした。
「取り返しのつかないことをぐじぐじ悩んでないで、シとしなさいよ。カコつける場面でし
 いつの間にか左横に影が並んでいた。左手を握られる。強く握り返す。こんなに大きな手のひらだたんだ、と思う。
「これからどうするか、決めているんだよね?」
 答えはなかた。代わりに、手のひらが握り返される。思いのほか、柔らかい手だた。 
 
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない