てきすとぽいトップページへ
第17回 てきすとぽい杯〈GW特別編〉
 1  3  4 «〔 作品5 〕» 6  49 
便利な家
 投稿時刻 : 2014.05.03 23:28
 字数 : 599
5
投票しない
便利な家
◆BNSK.80yf2


 おいらの家はハイテクさ。
 見た目はちいと古いがね、中身はどこより進んでる。
 まずは玄関、自動で開くし、人が入れば勝手に閉まる、鍵までかかるすぐれもの。
 電燈切れても心配無用、消えないろうそく、枯れない油、常にゆらゆら灯が揺れる。
 エアコン? そんなの必要ないよ、一晩過ごせば分かるはず。
 真夏だろうと背筋はぞくぞく、真冬だろうと冷や汗たらり。
 BGMの種類もたぷり。カラスの鳴き声、狼の遠吠え、柱時計の軋む音。
 お次は二階だ、足元に気を付け、おいらの後ろをついてきな。
 あちが書斎で、こちが客間、おとそちは寝室だ。気軽に覗いてもら困る。
 飯が食いたきベルを鳴らしな。大食堂にごちそうが並ぶ。
 花を愛でたき庭に出な。菊に百合に黒い薔薇。
 窓には寄るなよ、危ないぜ、割れたガラスが撒いてある。なに、ただの泥棒よけさ。
 朝が早い? それなら任せろ、完備してるぜ、モーニングコール。
 寝ているあんたの胸の上、おもりを乗せて起こしてくれる。
 ペトが欲しい? コウモリがいるぜ。
 テレビはどこだ? 鏡を見ろよ。
 こんな良い家、他にはあるまい。あんたも分かてくれるだろう?
 でも現実は残酷さ、幽霊屋敷とあだ名され、買い手が一向につきしね
 幽霊? そんなの馬鹿げた話だ。ただの噂に決まているさ。

 でもな、おいらは気付いちまた。
 そうさ、我が家は幽霊屋敷。残念だけど真実だ。
 証拠にこいつを見てくれよ。
……おいらに足が無いだろう?
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない