てきすとぽいトップページへ
【BNSK】月末品評会 in てきすとぽい season 4
 1  5  6 «〔 作品7 〕» 8  11 
さよならの味
くろー
 投稿時刻 : 2014.06.30 20:24
 字数 : 590
5
投票しない
さよならの味
くろー


 ぽちん。軽い音とともに紅い水底へ沈んでいく角砂糖のゆくえを、私はぼんやりと視線で追いかける。歪んだ水面が映し出す1LDKには、ひとりになた私の姿だけがあた。
 ふたつ並んだテプ。その片方だけを、私はスプーンでかき回す。
 くるくる、くるくる。
 だんだんとほどけていく角砂糖に思いをはせる。ああ。私も、私の想いも、こうであたらいいのに。熱にほだされゆくりと溶けて、混ざる。後に残るのはひとさじの甘さだけ。素敵な妄想が、私から徐々に現実感を奪ていた。
 嘘みたいだた。つい1時間前にはあたあたたかい会話はいつの間にか無機質な時計の針の音にすげ替えられ、つい1時間前にはあたあたたかい空気は11月の闇夜に吸い込まれていく。
 つい1時間前にあた、あたたかい存在は。
 今はもう、いない。
 
 ぽちん。軽い音とともに紅い波紋を作た透明なしずくのゆくえを、私はぼやけた視界の中で追いかける。それは砂糖なんかよりも比べものにならないはやさで溶けて混ざり、消える。だというのに、私の心の中で渦巻くその感情は、いつまでも消えない。
 これからも。ずと私の中でひとさじのほろ苦さを残し続ける。
 もう熱を失たカプを手に取り、私はその中で揺らめく紅茶を口元へはこんだ。
 甘くて、甘くて、甘くて。
 だけどわからないくらい、ほんのちとだけしぱくて。

 そんなさよならの味が、私の中に染み込んでいた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない