てきすとぽいトップページへ
スーパーショートなラノベコンテスト #スシラノコン
 1  4  5 «〔 作品6 〕
ラボラトリー・フード
 投稿時刻 : 2014.08.03 23:43 最終更新 : 2014.08.03 23:59
 字数 : 6999
5
投票しない
更新履歴
- 2014.08.03 23:59:32
- 2014.08.03 23:43:06
ラボラトリー・フード
゚.+° ゚+.゚ *+:。.。 。.


 人というのは、故郷から離れた場所に滞在していると、幼い頃から慣れ親しんだ料理を恋しがるものだと思ていた。例えば日本人なら、海外旅行中に白米や味噌汁、肉じがなどを食べたくなるのだろう、と。
 だが、どこにでもいるごく平凡な日本人男子中学生であたはずの俺、塚原遥人は、ここが故郷であれば絶対に自ら進んで口にはしないであろう料理を、今、渇望していた。
「アアアアァアアアー! もう限界だ! 頼む! あれを、あれを食わせてくれ! 鶏挽き肉と香菜のタイ風ナンプラー和えを食わせてくれえええええ!」
 俺は無人の部屋で絶叫した。ベドとサイドテーブル以外には何も物の置いていない十畳ほどの部屋は音がよく響く。自分自身の声のうるささに頭痛がした。
 やがてその余韻も消え去り部屋は恐ろしいほど静かになる。その瞬間、お腹が鳴た。腸の中で空気がうねるように流れ、振動している。野太い音はたぷり五秒部屋に響きわたた。
 惨めな気分だ。唇を噛むと同時に、ウン、と言う電子音が響いて、俺は反射的に顔を上げた。
 自動ドアが開いている。そこに立ていたのは、白衣を着た、小柄で痩せ形の美少女。輝かんばかりのつやつやのストレートロングな黒髪に、陶器のような白い肌はまるで人形のようだ。だがその切れ長の瞳には、明らかに生きた人間にしか宿せない力強い意志のようなものが湛えられている。それにじと見つめられると、発狂しかけていた頭が一瞬で冴え渡た。
……ハルト」
 大人びたアルトボイスに名前を呼ばれて我に帰り、俺はこの少女ーリーがアルミ製の大きなボウルを抱えていることに気付いた。
「いい加減、君は本当のことを教えてくれてもいいんじないのか。昨日君は、このボウルの中身を「ひき肉と香菜のタイ風ピリ辛ナンプラー和え」と呼んでいた。その前日は「鶏挽き肉と香菜のピリ辛和え」だた。それが今日は「鶏挽き肉と香菜のタイ風ナンプラー和え」だ。どうして日によて呼称が違う? この食べ物の本当の名前は、何というのだ。どうして私たちに教えてくれない? ただ名前を知りたいだけなのに……
 抑揚のない声でそう淡々と紡ぐと、シリーは小さくため息をついた。いかん、また不機嫌にさせてしまた、と思うと俺は冷や汗をかくばかりだ。シリーは黙て部屋の中に入てきた。カツカツカツ、と靴音が響く。膝丈の白衣の裾がかすかに翻た。ドン、という音とともに、ボウルが机の上に置かれた。
「食え……そんなに言うのなら……
「い、良いのか?」
 思わず聞き返したら声が裏返た。今までは試験管に小分けされた鶏挽き肉と香菜のなんとかしか食べることができなかたのに、今日はボウルごと持てきてくれた。あの中に鶏挽き肉とかのピリ辛がどれぐらい残ているのかは不明だが、今までよりは腹を満たせるかもしれないと思うと、すでに涎が大量分泌され始めていた。俺の目線はボウルに釘付けになた。
「お前にとてこの料理はそんなに大事なのか……毎日大声で食べたいと声が枯れるまで叫ぶぐらいに……どうしても私たちにその本当の名称を教えたくないぐらいに……
 随分と弱々しい、らしくない声に俺は思わず顔を上げた。目が合う。相変わらず厳しく眉根が寄せられていたが、何かがいつもと違た。
「い、いやだからそういうわけでは……
 それを遮るように、シリーが首を振り、目をそらした。そのとき、ようやく違和感正体に気付いた。
「今までーすまなかたな」
「え
 そう言うなり急にシリーは走り出した。カカとまた靴音が響いて、長い黒髪が揺れる。白い小さい背中が自動ドアの向こうに消えていた。俺はしばらく閉まてしまたドアを見つめていた。また腹が鳴た。たぷり5秒。どうしよう、腹が減ては戦はできぬというし、1週間前の給食を食べてから行動すべきではないか、という誘惑が頭の中を過ぎたが、さすがに目の前で女の子に涙ぐまれて無視するわけには……という思いも同時に過り、頭痛がした。

***

 このひき肉とナンプラーがうんたらなんて料理は俺の好物でも何でもない。すべての発端はトミヤマ第三中学校給食センターで毎年7月に催されるエスニク献立週間なるもののせいだ。
 俺はその日給食当番だた。割烹着に着替え、挽き肉のなんとかが入たボウルを教室内に運ぼうとした瞬間、辺りがまばゆい光に包まれ、思わず堅く目を瞑り、再び目を開いたらその時はすでに俺はこの世界に来ていたのだ。
 何を言ているのかわからないと思うが、俺も何が何だかわからなかた。そこは、SFアニメに出てくる悪の組織の研究施設みたいな部屋だた。迷彩服を着た10人ほどの男たちに囲まれていた。突然のことに思考停止して固まていると、迷彩服の男たちをかき分けて、白衣を着た人間が二人現れた。一人は骸骨のような顔をしている大人で、もう一人が俺と同じくらいの歳に見える少女だた。シリーだ。俺の顔を見るなり、大声で叫びだした。
「ドクター! ドクター・シン! やりましたね、ついに大成功です!」
 シリーがドクター・シンの白衣の襟を掴み歓喜を露わにゆさゆさ揺らしているのを俺は呆然と見つめていた。さぱり状況が飲み込めないのでとりあえず「ラボで割烹着てやぱおかしくね?」などと思ていると、多少興奮が収またらしいシリーが今度は一目散に俺の元まで駆け寄てきた。
「これが?! これが、君の世界の食べ物なのか?!」
 そう言うと、俺の抱えていたアルミのボウルのふたを勢いよく取り払う。まだそのときは生暖かかた例のあれが、むわんと異臭を放た。
「不思議なにおいがする……これが、食べ物というものなのか!」
「ボクちんはこの臭いを嗅いだことがある気がするのだがー。とりあえず、お寿司ではないみたいー
「あの、あの、あの、これは、俺、一体、これは……
 不可思議すぎる状況と、今までの学校生活では絶対にあり得ない、絶世の美少女がものすごい至近距離に接しているという異常事態にパニクになりながら口をぱくぱくしていると、ドクター・シンが状況を説明してくれた。
「うーす。とりあえず、ボクちんたちは平行世界の文明の食生活を研究しているところでー。急に申し訳ないのだが、協力して欲しいワケー
 曰く、ここは俺が今まで済んでいた世界の、無数にある平行世界の一つだとか言う話で。
 ドクター・シンの率いる研究チームは、様々な文明の食生活について研究するため、ひたすら平行世界から知的生命体を移転技術によて呼び寄せている。今回はたまたま俺が引き当てられた。
 そもそも何故彼らがそんな研究をしているのかというと、彼らの国の、アルゴリズムによて未来予知をしているスーパーコンピターが、1000年後に人類が滅亡するという結論を導き出した。そこに至る細かい経緯はわからないが、どうも彼らの現在の食生活に問題がある可能性が浮上した。そこで滅亡の未来を回避するため、あらゆる生命体や文明の食生活について研究しているとかなんとか、この世界の生命体については全て調べ終えたので、今はひたすら平行世界から食事中の生命体を呼び出しているとか……
「何度も失敗した末に、ようやく私たちと同じような二足歩行の知的生命体を見つけることができた! どうか、君の世界の食べ物について話を聞かせて欲しい。これはものすごく臭うのだが、なんという物なのだ?!」
 せめてそれがカレーとか肉じがとか、最悪もう牛乳とか白いご飯とか味噌汁でも良い、そういう物であたなら、その後の展開が違ていたかもしれない。俺は食べ慣れない上にやたらと長たらしい給食の献立の正式名称など正確に記憶できていなかた。

***

 迷路のような研究都市を歩き回り、ようやくたどり着いた地下の、大きな自動ドアの前に立つ。開いた先に広がるのは、学校の教室二つ分ぐらいの広さだが、機械がひしめき合ているせいで随分と狭く圧迫感のある部屋だ。ここではいつもシリーを含めた数人の研究員が忙しそうに作業をしているのだが、今日はドクター・シン一人だた。
「うーす、ハルトちん。こんなところに来るなんて珍しいにあ」
「すみません俺、シリーを探してるんですけど……
「シリーちんならさきお手紙のようなものを持てきたのだがー。ボクちんは一日5行以上書ける人は許さないのでー。追い返したのだー
 このドクター・シンはいつも人を煙に巻くようなことばかり言うのだ。
「ええと……どこへ行たか知りませんか?」
「どこへ行たかは知らないがー。そのうちまたハルトちんに会いに来ると思うのでー。とりあえずハルトちんはここに座てボクちんと飲めばいいのだー
「飲む?」
「昨日ついに、古代人が飲んでいたびるなるものを再現することに成功したのだー。ハルトちんの世界にもあると聞いたのでー。味見をして欲しいのだー。うい、ひく」
「ビーてお酒のことですか? 俺未成年なのでち……
「ハルトちんの世界では色んな食べ物を食べて楽しんでいるのに、飲み物には規制がかかているのかにあ。不思議なのだー
「俺にしてみればこの世界の食生活の方がさぱり謎です。何も食べないで栄養ドリンクを一日一回なんて、こんな味気なさすぎな生活信じられない」
 そう、それこそが俺が鶏肉と香菜のピリ辛和えを食べたいと叫び続けた理由だた。この世界には俺が持てきたこの料理以外に、咀嚼し飲み込み胃腸で消化吸収するいわゆる「食べ物」がまたく存在しない。ドリンクを飲めば必要な栄養素は全て足りるとは言うが、それでも何も食べないでいるのはどうしても耐え難い。
「この世界でも、昔はハルトちん達の世界のように狩りや農作業をして料理をして食べていたのだがー。効率が悪いので今の形態になたワケー。でもボクちんとしては食べる楽しみというのを味わてみたくて、こうやて別の文明の研究をしていてー。昔文献でみたお寿司ちストフードに憧れていたのだがー。ハルトちんの持てきた料理も悪くはなかたー
「え食べたんですか? シリーは安全性が確認できるまでこの世界の人には食べさせられないて言てましたが……
「微笑みの国にいた前世の記憶が蘇たー。シリーちんはー、優秀なんだけど頭が固すぎるところがあてー。毎日一生懸命PCRかけているけれどー。それだけでは大事なことは見えないのだー。まあボクちんは後進の育成にも人類の行く末にも興味がないしー。シリーちんならそのうち自分で気付くと思うのでー
「はあ……
「そろそろシリーちんがハルトちんの部屋に戻てると思うのでー。後はハルトちんに任せるるるるー。会えたら、辞表は捨てておいたて伝えて欲しいのだー
「え辞表?!」
「う、ひく」

***

 酔ぱらいの要領を得ない言葉に従て部屋に戻てみれば、確かにシリーが待ち受けていた。
「どこへ行ていたんだ、ハルト。君が部屋から出るなんて珍しいじないか」
 君を探しに行ていたんだ、と言いそうになて、やめた。涙ぐんでいたのなんて幻だたのかと思うぐらい、いつも通りのシリーたからだ。
「シリーこそどうしたの。俺に何か用?」
「うむ……
 少し躊躇うように視線をさまよわせた後、シリーは俺をじと見つめて、口を開いた。
「さき、ドクター・シンに辞表を出してきた」
「えー、えそうなの!」
 何も知らないフリをするつもりだたが、いきなり打ち明けられるとは思わず不自然な反応になてしまた。が、シリーは気付いていないようだ。
「私は十歳の頃に今のラボに入局して、この研究に人生を捧げるつもりでいた。人類の未来を守るため……平行世界からの生命体召喚は失敗の連続だた。恐竜やナウマン象を呼び出してしまた時にはラボが壊滅状態になり、私たちの命も危険に晒された……
「そ、それであの時兵隊みたいなのがいたんだ」
「猿のような生き物を呼んだときは期待ができそうだたが、言葉が通じず苦労した……だからハルトが私たちの目の前に現れたとき、どれだけ嬉しかたことか……
「う、うん」
 初めて会たときのシリーの喜びと、それが失望に変わる様子を思い出す。
「それなのに、この1週間何も進展していない。君の持てきた食べ物は成分分析をしても珍しい栄養素などない。私たちのエナジードリンクで十分補充できるーというかむしろ、君の食べ物には不足があるぐらいだ。おまけに君は私に心を開いていてはくれず、頑なにこの食べ物について口を閉ざしている……私はもう限界なのだ……
「あのいやだからそれは……
「だから私は研究を辞める……そうドクター・シンに言たら、最後に君が食事をする姿を見てからにしろと言われたのだ……
「ん? あれ? そうなの?」
「さき返したボウル……まだ手つかずのようだな。君さえ良かたら、食べるところを見せてくれないだろうか。そうしたら君を元の世界に返そうと思う」
「え本当に?」
「ああ……だから、今ここで見せてはくれないか」
「えー……あー、でも、食べるとこをただじと見られるのは、ちとなあ」
「やはりだめか……
「いや、そうじなくてさ……リーも一緒に食べてくれないかな」

 ガラス製シレを皿に、薬匙をスプーンにするというのはあまりに食欲をそそる状況ではないが背に腹は代えられない。シリーは透明な皿に乗た挽き肉をじと見つめている。独特の臭気を放ている。俺でも一瞬鼻を摘みたくなるのに、食事行為自体に馴染みのないシリーなら尚更だろう。一見するといつもと同じ無表情だが、よく見るとシレを睨みつける目にわずかな怯えが見て取れる。
「本当に、こんな臭いのするものを君たちは食べているのか……
「一口食べて口に合わなかたら吐き出せばいいよ」
「い、いや、大丈夫だ、まだ報告書は書き上がていないのだが、成分分析の結果、この食べ物は私たちの体に対しても毒性は少なそうだ」
 俺に対する説明というより、自分自身に言い聞かせるようにシリーが呟く。ドクター・シンが既に味見済みであることは黙ておこう。俺は薬匙でシレに取り分けた挽き肉をひと掬いして口に運ぶ。やはり、何度味わても不味いものは不味い。必要以上に噛みしめることはせずに飲み込んだ。それでも胃の中に何かを入れると安堵感が広がる。頬が緩んだ……と、そんな俺の表情を観察していたシリーと目が会た。
「君は本当に、この食べ物が好きなんだな」
 そう言うシリーの顔が徐々に引きつり始めている。なんだか俺はおかしくなてきた。
「そうだよ、シリーも早く食べな」
「あ、ああ……
 シリーが震える手で薬さじを手にする。ほんのひとかけ、俺の真似をして掬うと、こわばた顔でそれを数秒見つめた後、目を瞑り、勢いよく口の中に運んだ。咀嚼することに慣れていないせいか、口の中で妙にもごもごしているが、その分余計に、パクチーとナンプラーの味が舌の上にたぷりしみだしているのだろう。みるみるうちにシリーの顔が苦悶に歪んでいく。
「う、うう……
 あまりに苦しそうなので、俺は慌ててコプに水を汲んで差し出した。
「水で流し込みなよ」
「う、うう、ありがとう」
 そう言いながら震える手でコプを受け取るが、口の中の固形物を液体で流し込むことにもやはりシリーは慣れていないらしく、四苦八苦している。ずいぶんと時間をかけて口の中の不快な味を洗い流したシリーのあまりにぐたりした様子がおかしくて、ついに俺はこらえられなくなてしまた。
「ぷ……あはははははは
「は、ハルト! 君は、人が苦しんでる様子を見てそんな風に笑うのか!」
「ご、ごめん、シリーもそんな顔することあるんだなて思たらなんか、意外で……
 慌てて言い訳するも、どうも顔が緩んだまま止まらない。いつも生真面目で無表情だた美少女が、目の前で苦悶から怒り、そして今度は恥ずかしそうに赤面と鮮やかに表情を変化させているのは、新鮮だた。それから、ごまかすようにシリーは視線を彷徨わせてから、じと俺の顔を見つめた。
「私も君が……そんな風に屈託なく笑うのは、初めて見たな……
「あー、そうかな。そういえば、そうかもしれない」
「やはりこの食べ物か? この食べ物が君を幸せにするのか?」
「うーん、というより……リーと一緒に食べられたから、かな。確かにお腹は空いてたけど、やぱり一人で食事するのて、なんか味気ないし……あれ? シリー、どうかした?」
 シリーが突然目を丸くして固まていた。不思議に思て声をかけると、はとしたシリーが、今度は急に、ぱと顔を輝かせた。
「そうか、ドクター・シンが言いたかたことはこれだたのか……大事なのは何を食べるかではない。どうやて食べるのか……。ありがとうハルト、辞表の撤回を求めて来る!」
「え?!」
 言うや否や、シリーは走り出す。長い黒髪がふわりと舞て、なんだかいい匂いがした。小さな背中が自動ドアの向こうへ消えていく。どうしよう、完全に俺を元の世界に戻してくれる約束忘れてんじね? さすがにそろそろ、白いごはんと味噌汁と母さんのだし巻き卵が食べたい……
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない