てきすとぽいトップページへ
第19回 てきすとぽい杯〈日昼開催〉
 1  7  8 «〔 作品9 〕
某提督の孫娘
 投稿時刻 : 2014.07.13 16:15
 字数 : 1746
5
投票しない
某提督の孫娘
工藤伸一@ワサラー団


 部屋のドア越しに長女へ声をかけた。
「パパだ。勉強は捗ているか?」
 返事がないけれど留守ではあるまい。
 何か書いているような物音が聞こえる。
「どうした。悪いが入らせてもらうぞ」

 やはり学習机に向かている背中が見えた。
「勉強中か。声に気付かないとはすばらしい集中力だ」
 机の上を覗き込もうと近づいたところで娘が振り向いた。
「なに勝手に入てるの!」
 そう怒鳴りつつ耳からイヤフンを外す。

「ごめん。音楽を聴いてたのか。声はかけたんだよ」
「だから何。許可も得ず入るなんてサイテーだろ!」
「いや、いるのに返事がないのは親として心配だし」
「そんなこといて娘の部屋が見たいだけなんだろ、このクソ提督!」

「親に向かてクソとは何だ。つーか提督?」
「しまた。何でもないよ」
「いや、大事なことだぞ、これは。ちんと説明しなさい」
「ゲームの台詞だよ。海軍をテーマにした」
「そり奇遇だな」
「何がよ。まさかパパもやてるの?」
「それが『艦これ』なら言う通りだ」
「何かイヤだな。まあ男性向けだし仕方ないか」
「パパは良く海軍の話をしていただろ」
「そんなこと覚えてないよ」
「お前がまだ幼い頃だたな」
「何がキカケで始めたんだ?」
「自分の名前と同じ軍艦があると聞いて」
「そりそうさ。それが元ネタだからな」

「軍艦から名付けたの?」
「名付け親のグランパは提督だたからね」
「マジすか。もしかして自分も乗てた船?」
「らしいよ。もう詳しいことを訊けないのが残念だ」
「でも何か当時のものとか残てないの?」
「あるはずなんだ。しかもこの部屋に」
「どうしてここに?」
「だてお前は同じ名前なんだから」
「それで隠しておいたてこと?」
「なのかな」
「じあ何で教えてくれなかたの?」
「忘れてたんだ。でもクソ提督て呼ばれて思い出した」
「酷いこと言てゴメン」

「いいんだ。勝手に入たのは事実だから」
「ありがとう。それでその遺留品、何とか見つけられないかな?」
「せかくだから捜してみよう。でも手掛かりがないんだよ」
「もしかして机の引き出しかな。グランパからのプレゼントだたし」
「そのセンはあるな。使てない引き出しなんてあるのか?」
「ないけど、奥の方に隠れてたりしそう」
「じあ捜してみてくれ。机の中を見るのは気が引ける」
「当たり前でし。とりあえず部屋の外で待てて」
「わかた」

 リビングのPCで『艦これ』の任務をこなしつつ待つことにした。
 ちうどデイリー任務を終えた頃、娘が走り寄てきた。

「パパ、あたよ!」
「でかした。それで何が見つかたんだい?」
「写真」
「船のか?」
「ううん。美人さん」
「誰かな?」
「分かるわけないでし
「それもそうだ。とにかく見せてくれ」
「まさか。あの艦娘に瓜二つじないか!」
「ビクリよね。しかも私と同じ名前の船だし」
「グランパがゲームの開発に関係していたとか」
「ないでし。パソコンとか全く触てなかたもの」
「だよな。でも企画段階ならパソコンなくても可能だ」
「まあ、キラデザインとか、手書きで出来るもんね」
「気になるな。とにかく調べてみよう」
「どうやて?」
「思い出した場所があるんだ。お前も行くか?」
「もちろん」
「分かた。すぐに着替えて出るぞ」
「パパは着替えなくてもいいのに」
「そうもいかない。お前はこれを着なさい」

「準備は出来たか?」
「出来たけど、どうしてセーラー服なの。もう大学生なのに」
「歳は関係ないだろ。原型は水兵さんの制服だからな」
「つーかパパも提督みたいな恰好しててウケる!」
「グランパの遺品だ。こういうことでもないと使う機会ないし」

「何だか楽しくなてきた!」
「パパもだ。しかし気を抜いて慢心するなよ」
「もちろん。準備は万端よ」
「じあ、行こうか」
「イエサー!」

 思えば娘と出かけるのは何年ぶりだろう。
 ママは息子と仲良しなのに父娘は難しいもんだ。
 グランパと『艦これ』に感謝しなくちな。
 それにしても軍服を着ると気持ちが引き締まる。
 というより自分が戦地にいるような気分になてくる。

 娘も同じだろうか。
 いや、単なるセーラー服だたな。
 まあとにかく、鬼が出るか蛇が出るか。
 不安だが、娘といれば大丈夫だろう。

「パパ、何か言た?」
「セーラー服、まだまだ似合うな」
「なのです!」(了)
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない