てきすとぽいトップページへ
【BNSK】品評会 in てきすとぽい season 6
 1  8  9 «〔 作品10 〕» 11 
実直な男
 投稿時刻 : 2014.09.06 21:36
 字数 : 3806
5
投票しない
実直な男
ドーナツ


「兄に恋人がいるらしいんです」
 女は開口一番そう言た。
「『恋人』ですか?」
 鈴木圭介は繰り返す。
 ここは探偵事務所の一室だ。『興信所』という名称が一般的だが、圭介はこちらのほうが気に入ている。
「ええ。兄はすごくまじめな人で、きと騙されてるんです! お願いします! 兄を助けてください!」
 残念ながら日本には、公的な探偵のライセンスは存在していなかた。そのため人脈や信頼関係がより重要である。同業者間の連携も欠かせないものだ。
 圭吾は己の評判に気を配ている。それが次の仕事に繋がるからだ。今、目の前にいる依頼人も以前、引き受けた事件の関係者の伝手である。
「まあまあ、そう興奮なさらず。どうか落ち着いてください。お話を最初から整理しましうか。まず、お兄さんのお名前から教えていただけますか? それから、あなたのお名前も」
 女は若いが、愚かではないようだ。自分の話の不備に気付き、顔を赤らめる。
……すみません。緊張してしまて、つい。こういうところへ来るのは初めてで」
「たいていの方が、そうですよ。気になさることはありません」
 女の名前は白石実加、兄は星野龍平といた。
「星野は旧姓です。三カ月前に結婚したんです、私」
 恥ずかしそうに結婚指輪を示している。
「それまでは、兄のマンシンに二人で暮らしていました。両親が私の一人暮らしを許してくれなくて、それで」
「仲の良いご兄妹なんですね」
 圭介の言葉に実加は頷いた。
「はい! ……でも、最近、兄は私を避けるんです。それで私。不審に思て兄を尾けました」
「お兄さんを尾行された、ということですか?」
 圭介は驚き、思わず尋ねる。
「はい。だて兄が心配だたんです。そうしたら女物の高価な服や下着を買てました。きと相手の女に貢がされてるんですよ!」
……ところで先程から気になていたことがあります。お兄さんは独身ですね? 恋人がいらても不都合はないように思えますが」
 実加は身を乗り出した。
「それはそうですけど。兄のマンシンから、あの女が出てくるところを一度だけ見たことがあるんです。全然、兄のタイプじないし、それに私を見て逃げ出したんですよ。変だと思いませんか!」
 何ら事件性は感じられず、憶測ばかりである。
「白石さん。これは提案ですが、一度、お兄さんと話し合われてはいかがでしう?」
「でも!」
 圭介は実加に料金の内訳を説明した。
「本格的な調査に入てしまうと一日でこれだけの費用が掛かります。本日は相談料だけで結構です。よくお考えください」
 料金プランを眺め、実加は目を丸くしている。ゼロの山を前にして現実に立ち返たのだろう。頭を下げてドアから出て行た。

 翌日、実加は血相を変え、圭介のもとへ飛び込んでくる。
「兄がいなくなりました!」
 実加は圭介を睨んでいた。
「あの女が兄に何かしたんだわ! あなたが私の話を真面目に聞いてくれないから」
 憤慨頻りの実加をどうにか椅子へ座らせ、圭介は話を切り出す。
「まずは、落ち着いてください。お兄さんが『いなくなた』とおいましたが、具体的にどういう状況でしうか?」
 実加は圭介の忠告を受け入れ、兄の龍平に連絡を取た。携帯にも自宅の電話にも応答がないためメールで会合を持ちたいと言伝る。だが、龍平からは返信はなかた。業を煮やした実加は、本日早朝、龍平のマンシンへ押しかける。会社の休日であるから当然、在宅であろうという腹積もりである。
「そしたら、あの女が出てきたんです。まるで自分の家みたいな感じで鍵まで閉めてました」
 憎々しげに実加は眉を逆立てていた。
「それで、私。あの女を追おうかどうしようか迷たんですけど。兄さんと話したほうがいいと思て部屋に入りました。でも、兄は留守で」
「ちと待てください。お兄さんは留守だたんですよね?」
 頷いた実加に圭介は話を続ける。
「女性は施錠していたとおていたようですが、どうやて部屋に入たんですか?」
「ああ。私、合鍵を持てるんです。結婚する時、兄から処分するよう言われたんですけど、何かあたら困ると思てそのままにしてました」
 圭介は愛想笑いを返した。
「中に入たら誰もいなくて、それておかしいと思いません? 絶対、変です」
……これは私の考えですが、このままお帰りになて、ご自宅で寛がれてはいかがでしう? 明日か明後日になれば、問題のほとんどは解決していると思いますよ?」
 椅子から立ち上がり、実加は首を横に振る。
「駄目です! 兄を探してください」
……わかりました。事前に料金をお支払いいただけるなら調査しましう」
 用意していたのだろう。実加はテーブルに封筒を叩きつけた。中身を確認し、半額を懐へ入れた圭介は領収証とともに実加へ封筒を戻す。
「これからですから、半日分で結構です。経費は別途、請求いたしますので、そのつもりでお願いします」
 金をもらえれば、否も応もなかた。

 龍平の住居は築十五年の市営住宅である。賃貸ではなく、建売の物件だ。
「お若いのに家持ちとはすごいですね?」
 実加は抱えるようにして大き目のバグを探ている。
「ええ。中古で安く出ていたんですて。両親は反対してましたけど、兄はそのほうが落ち着くからて」
「お兄さんとご両親の関係は良好だたんですか?」
 ようやく鍵を探し当て、実加は微笑んでいる。
「もちろんです。兄は優等生で学校の成績も良かたし、両親も私も兄が自慢ですから。……どうしてそんなことを聞くんですか?」
「あくまで一般論ですが、早くから社会的な基盤を固めようとする方の中には、両親と不和な場合がままあります」
「それじ、兄には当てはまりませんね」
 開錠の金属音とともに実加はノブを回した。

 男の一人暮らしの部屋は、と散らかているか埃ひとつないかのどちらかになる。有難いことに龍平は後者だ。
「通帳や印鑑もないんです。あの女が持ち出したに決まてる!」
 パソコンデスクの脇にある書類棚を実加は探ている。
……これて警察へ届けたほうが?」
「星野さんは成人されています。休日に部屋を留守にしているくらいでは取り合てもらえないでしう」
 圭介は本棚に置かれた写真立てを眺めていた。実加と若い男が並んで写ている。
「お兄さんですか?」
 肩を落としていた実加は笑顔になた。
「はい。私と兄です」
 実加の身長は百六十前後であるから、星野龍平は百七十センチそこそこといたところか。男としては小柄だ。押入れの衣装ケースに女物の衣服、下着が納められている。服のサイズから察するに龍平の恋人は、かなり体格の良い女のようだ。
 ローテーブルの上にブクマチが置かれている。店のレジなどに積まれているサービス品だ。整理整頓された室内の中で無造作に放り出された艶のある紙片は、どことなく異質な印象である。
 裏に喫茶店の店名と住所、電話番号が記載されていた。
「嫌だ、兄さん。また煙草を始めたのかな? 体に悪いていつも言てるのに」
「状態が綺麗です。横薬に擦た跡もない。最近、持ち帰られたものじないでしうか?」
 カバーにアジサイのイラストが描かれている。

 その喫茶店は神田川に近い西新宿の一角に存在していた。昔ながらの純喫茶というやつで酒類を扱う現代的なカフではない。
 店内を見回し、実加の目撃した龍平の『恋人』と風体が一致している人物に当たりをつけた。
「同席してもよろしいですか?」
 言葉は丁寧だが、圭介は返事も待たずに席に着く。水とおしぼりを持てきたウイトレスにコーヒーを頼んだ。
「星野さんをご存知ですね? 私は、星野さんの妹の実加さんから依頼を受けた探偵です」
 戸惑ていた相手は、圭介の名刺と実加の名前に目を丸くしている。
「彼女は、あなたと星野龍平さんの関係について危惧しています。具体的には、詐欺などの犯罪に巻き込まれているのではないかという懸念です。このままだと警察へ通報しかねません」
……困ります。警察だなんて」
 女は口籠ていた。
「面倒事は、こちらも望んでいません。そういうわけですから、速やかに星野さんの所在を明らかにしてください」
……あの。おわかりなんですよね? ……その」
 頭髪を掴み、女はウグを取り去る。現れたのは、化粧した若い男だ。
「ええ、お目にかかるまで確信は持てませんでしたが。……妹さんに連絡しても構いませんか?」
 星野龍平は渋々、頷いている。

「『自由』になれる気がするんです」
 素人劇団の裏方を手伝たのが切欠だという。初日に役者が足りなくなり、女優の代役を務めたのだそうだ。
「ぼくは子供の時から、両親に期待されていました。受験する学校のレベルから就職する会社のランクまで」
「期待が重荷だた?」
 龍平は首を横に振る。
「いえ、そうは感じていませんでした。ぼくは、周囲の人より優れていた。両親が喜んだり、妹が頼てくれるのも嬉しかた。……しかし、この結果を見れば、そうじなかたんでしうね」
 実加の結婚を機に本当の意味で自由になた龍平が選んだのは『女装』だた。
「実加さんが、部屋で待ています。着替えをされたいのであれば、どこかご用意しますが?」
 龍平はウグを被り直し、立ち上がる。
「妹には、本当のぼくを見てもらおうと思います」
 ウイトレスがテーブルにコーヒーを運んできた。圭介は灰皿を頼み、懐から煙草を取り出す。ここから先は、探偵の領分外だ。(了)
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない