てきすとぽいトップページへ
第一回 日本法螺小説大賞
 1  4  5 «〔 作品6 〕» 7  10 
4月1日締切
森™
 投稿時刻 : 2013.03.30 18:18
 字数 : 638
5
投票しない
4月1日締切
森™


18:00。
もし、デートの待ち合わせがあるならば、
わざわざその場所へ遅れて行き「ごめんね、遅れたお詫びに」とか言て、薔薇の花束を渡すのだろう。
と、花屋はこのために存在するのだろう。

19:00。
もしかすると、ある目的地に向かうまで
「実は私は宇宙人なんだ」とか「君の靴下の色、変だね」とか言うのだろう。
そういう出鱈目を並べて、相手の感情を試してみること、
それが許される日なのだろう。

20:00。
例えば、彼女は過剰な化粧に、狸のコスチム・プレイ。
例えば、彼氏は気狂いピエロのベルモンド。
そんなふたりは、意気投合してデナーを楽しみながら、ほらを吹くのだろう。

21:00。
もしくは、ライトアプされた桜の並木道を歩きながら、
鼻がムズムズするとき「フクシン!」または「フクシン!」と
くしみをするのだろう。そして、笑てごまかすのだろう。

22:00。
そういうことを続けていると、次第に寡黙になるのだろう。

23:00。
もし、海に来て夜空の星を眺めるとするならば、
輝く星の煌きがもうひとつ、目の前の瞳に在ることを語るのだろう。
ロマンテクなムードに、恥じらいながら絵空事を言うのだろう。

0:00ジストに告白をする。
かけ、タイミング、それは一年に一度しか存在しない今なのだろう。
結果がどうあれ、心は解釈によて開放されるのだろう。

「今、言たこと、本当なの?嘘なの?」

私はそういうふうなことを想像し、虚と実を越え結ばれた男女に、
勝手な哀しみと親しみを覚えるのです。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない