てきすとぽいトップページへ
第21回 てきすとぽい杯
 1  11  12 «〔 作品13 〕» 14 
告白の返事
百里芳
 投稿時刻 : 2014.09.21 00:29
 字数 : 3165
〔集計対象外〕
5
投票しない
告白の返事
百里芳


 誰かの携帯電話が鳴た。
 安ぽいMIDI音源の『カノン』。今時こんな音を着メロにしているのは、俺たちのなかでは俊介しかいないだろう。俊介は理系ぽい顔立ちのメガネで一人称がワタシのくせに、『ボタンが無い機械なんて信用ならない』と頑なにスマートフンを使いたがらない。
 俊介が机の上に置いていた携帯電話を手に取る。
 同じ炬燵に入ている俺と翔太の目が、俊介の携帯電話に集まる。
 心臓がばくばくする。炬燵の中に突込んでいるはずの足が、なぜか冷たい。
 かちり、と音を立てて俊介の折りたたみ式携帯が開く。俊介は、少し携帯を操作したあと、かすれる声で呟いた。
……カラオケの広告だた」
 俺と翔太は大きく、溜息をつく。
「メール来ないように、しておけ、よ!」
 翔太が苛立ちを隠さずに吐き捨てた。
「無理だよ、ワタシにはそんな難しい設定出来ない」
「メガネのくせに、機械に弱いとか、おかしいだろ」
「メガネと機械音痴との間に相関関係はない」
「そうやてリクツぽい癖に、ガラケーさえ十分に使いこなせないのがおかしいて言てるんだよ!」
 俺はずと黙ている。口を開けば、行き場のないこのイライラを友人たちにぶつけてしまいそうだた。
 そもそも俺たち悪友三人が深夜23:30に黙て炬燵に入り、着信に神経をとがらせているのには理由がある。

 大学の同期の怜奈ちんに、俺たち三人は同時に告白した。
 彼女の答えは『明日の夜十一時半過ぎに電話で応える……てのはダメかな? ちと時間をおいて考えたいの』だた。

 こんな下らない――しかし俺たちにとては大事件――ことのために、俺たちはほぼ無言でかれこれ30分は炬燵を囲んでいる。
 怜奈ちんは同期のアイドルで、俺たちの代の男の8割は彼女の事が好きだけれど、俊介も翔太も想いを寄せているとは思わなかた。ましてや、またく同じ時間に同じ場所に呼び出して告白しようとは。
 もしこのうち誰かが怜奈ちんと付き合うようになたら、俺たちはこれまでと同じように友達でいられるのかな――なんて考えた瞬間、俺のポケトの中のスマホが震えた。同時に俺の身体もびくりと揺れたが、2人とも下を向いていたので気付かれなかたらしい。俺は、そとポケトから携帯を出して、視線を下に送て番号を確認した。
「(怜奈ちんだ!)」
 俺は何気ない顔で立ち上がると「お袋から電話きた。ちと話してくるわ」と言て外に向かう。その背後で、翔太が「便所、借りるわ」と言て携帯を持て炬燵からでた。
 
 外は真暗だた。俺の吐く息だけが白く光ている。
 震える指で通話ボタンを押す。

『もしもし、雄也くん?』
「う、うん、俺だけど」
『私、あの後考えたんだけど……
……うん」
……
…………。」
『雄也くんと、』
「      」
『雄也くんと、付き合おうと思うの』
「あー……。うん、そか。ありが、とう?」
『えへへ、なんで疑問形なのー?』
「えと、なんか……照れちて」
『そか、これからよろしくね』
「うん、こちらこそよろしく」
『あ、ごめん、お風呂入らなきだから、着るね。また、電話して、いい?』
「うん、もちろん」
『ありがと! じ、またね!』


 通話が切れる。指の先が、まだ冷たい。
 一度大きく息を吸て、吐き出す。肺の底に溜また澱が、出て行た様な気がした。
 よし。よし、よ……! 小さくガツポーズ。
 暗闇の中に梅の花が咲いているのが見える。今まで気が付かなかたけれども、梅の花てあんなに綺麗だたのか。

 あー寒かた、と小声で言いながら部屋に戻る。
 翔太は腹が痛いのか、背中を丸め炬燵の天板をじと見つめている。
 一方、俊介は腕を組み、眉間にしわを寄せてむつりと黙ている。
 ――そうか、こいつらはまだ電話を待ているのか。
 二人は間接的に振られてしまた事をまだ知らないのだ。俊介は女性に対して初心だし、翔太はチラチラしている様でも誠実な奴だ。二人とも本気で彼女の事が好きだたのだろう。そう思うと、ひとりで浮かれて「俺、怜奈ちんと付き合うことにな」という訳にもいかない。
とりあえず二人に打ち明けるタイミングをはかろう。俺はにやけた顔が二人にばれないように頑張て顔をしかめ、うつむきながら炬燵に入た。

俺たちの間を静寂が支配する。
未だ翔太はじと背中を丸めているし、俊介は眉間のしわを一層深くしている。
日付が変わる頃、俊介がぽつりとつぶやいた。
「もう解散しよう。きとワタシたちは彼女にからかわれたんだ」
「いや、それは違うと思う」俺は反射的に応えた。「……彼女にも都合がある。きと、何らかのあれで、電話とかが、出来無くなたりしたんじ、ないだろうか」
 絶好のタイミングだたと言うのに、俺は二人に打ち明けることが出来なかた。
 不意に、翔太が顔を上げた。飴玉を間違て飲み込んでしまた時のような、中途半端な表情だた。
「実はオレ、怜奈と付き合うことになたんだ」
 翔太の顔が、いつものように凛々しい物に戻た。
「さき、便所とかいたけどさ、実はあれ怜奈と電話してたんだ」
「お前たちのコト考えるとさ、すぐに言えなかた。ゴメン」
「でも、オレも本気で怜奈のこと、好きなんだ」
 翔太はたどたどしく、しかし俺たちに言葉を挟ませることなく言い切た。

「ちと待て」
 俺が脳みそを動かせないでいると、俊介が少し大きめの声をだした。何時も冷静な奴には珍しい事だなあ、と真白になた頭で考えた。
「ワタシの携帯にも、さき電話があた」
「怜奈さんからだ」
「『俊介くんと付き合おうと思うの』彼女は間違いなくそう言た」
……怜奈さんが二股をかけるとは思えない。冗談なら早めにそうと言てくれ、翔太」

「は!? 冗談なんかじねえよ! 俺だてさき電話で『翔太君と付き合おうと思うの』……!」
「じあ、なんだ? 怜奈さんが二股をかけているとでも? こんな狭いコミニテで?」
 二人とも近所迷惑なんてまたく考えずに怒鳴り合ている。今にもつかみかからんとする勢いだ。そんな二人を見て、俺はなんだか妙に冷静になてしまた。
 ともかく、二人を落ち着かせよう。近隣住民に迷惑をかけて後で文句を言われるのは、家主である俺なのだ。
「ま、まあ、二人とも落ちつけよ……
「なんだよ、雄也! こいつ自分が振られたからて、オレの事うそつき呼ばわりしているんだぜ!? 落ちつけて方が無理だ」
 証拠だて有るんだぜ、と言いながら翔太はスマートフンのデスプレイを俺たちに突き出してきた。

[11:45 着信 カワセ レイナ 080-xxxx-xxxx] 

 翔太の着信履歴に表示されていたのは、間違いなく怜奈ちんの電話番号だた。
「え……、じあこれは」
 そう言いながら、俊介が折り畳み式の携帯電話を開く。そこには――

[11:45 着信 カワセ レイナ 080-xxxx-xxxx] 
 
俊介の着信履歴に表示されていたのは、間違いなく怜奈ちんの電話番号だた。
 翔太も俊介も、目を見開いてお互いの携帯電話を見比べている。
 俺は自分の携帯電話をちらりと確認すると、なんと言て良いかわからなかたので、無言で二人にスマートフンを突き出した。

[11:45 着信 カワセ レイナ 080-xxxx-xxxx] 
 
俺の着信履歴に表示されていたのは、間違いなく怜奈ちんの電話番号だた。
三人の着信履歴に表示されていたのは、間違いなく怜奈ちんの電話番号で、またく同じ時間だた。

 誰かの携帯電話が鳴た。
 この振動音は俺のスマートフンだ。共通の友人である孝一郎からのメールだた。
 件名は『速報』、本文は――

『俺、怜奈ちんと付き合うことになた。昨日告白したら保留されてたんだけどさ、さき電話でOKもら……

誰かの携帯電話が鳴た。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない