てきすとぽいトップページへ
第21回 てきすとぽい杯
 1  9  10 «〔 作品11 〕» 12  15 
 投稿時刻 : 2014.09.20 23:43
 字数 : 2036
5
投票しない
結婚しよう
゚.+° ゚+.゚ *+:。.。 。.


 誰かの携帯電話が鳴た。ような、気がした。
 幻聴だ、と自分に言い聞かせる。
 聞こえた、ような気がした、のは、昔ながらのちちな甲高い発信音だ。ピロロロ、ピロロロ、ピロロロ、……こんな昔ながらの着信音、長らく聞いてない。こんな、若い女性ばかりがいる喫茶店で、そんな音がするわけがない。幻聴だ。
 僕はいつもこんな状況にいると、携帯電話の幻聴を聞いてしまう。手足が震えて足が真白になる。
 小学校五年生の冬の、あの舞台のせいだた。
 学習発表会は毎年十二月に行われた。保護者や学校の近所の人々が体育館に集まり、彼らの前で各クラスがそれぞれ出し物をする。
 僕のクラスは走れメロスの演劇だた。
 物心ついた時にはすさまじいあがり症で、小心者で、人前に出るなんて機会は徹底的に避けてきた内気な僕が、そのとき主役のメロス役に立候補したのは、子供らしい理由だた。クラスのアカリちんのことが好きで、振り向いて欲しかたからだ。震える手を挙げた。周囲の同級生たちは無邪気さを捨て適度に目立たないことを望むようになる時期だた。意外なほどあさり決また。
 舞台の練習は極めて苦痛だた。たた二十五人のクラスメイトの前で、大声を出すのも辛かた。声は震え足が震え貧血を起こしまくた。担任にはどやされたが役を代わてくれるクラスメイトもいなかたのでメロス役は続投となた。アカリちんはいつの間にか王さま役のタカシくんと付き合ていた。
 そんな苦痛にも耐えているうちに台詞も覚え多少はマシな演技ができるようになたつもりでいた本番だた。
 体育館は底冷えがした。寒さと緊張で全身が震えていた。
 ステージの前にはびしり人が入ていた。クラスメイト二十五人とはくらべものにならない人数だた。
 それでも練習してきた日々を思い返し、クラスメイトらのさりげないフローにも助けられながら、一幕、二幕を無事に演じきた。
 それが起こたのは第三幕の中盤だた。周囲に他の役者がおらず、道中一人でくじけそうになたメロスの長台詞。
 平常心平常心と自分に言い聞かせながらなんとか台詞を紡いでいた最中、静まり返ていた体育館に携帯の着信音が鳴り響いた。
 ピロロロ、ピロロロ、ピロロロー
 僕の集中力は突然それによて途切れてしまた。覚えた台詞に、これまでの練習に思いを馳せていたのが全て吹飛んで、頭が真白になてしまた。
 三百人ほどの大人たちの目が、僕を見つめている。息ができなくなた。僕は数秒固また後、舞台から逃げ出した。
 その出来事以来、僕はいつも、肝心なときに携帯電話の幻聴を聞いてしまう。そして、全身が震えて、何も考えられなくなてしまう。
 テニス部の大会の最中も、大学の論文発表のときも、就職の面接のときだて、いつもいつも、あの着信音が僕の人生の邪魔をする――
 だが、今日こそは、そうはさせない。僕は一度頭を振た。
 目の前にいる、キウコが眉根をひそめたまま、こちらを凝視している。
 付き合て一年半になる。職場の先輩の紹介でなんとなくずるずる付き合いを続けてきた。別れて紹介してくれた先輩と面倒なことになるのが億劫だというのが続いていた理由だた。
 どうしてこんなことになてしまたのだろう。
 生理が来ないと打ち明けられたのは三日前だ。まさかの展開に頭が真白になた。黙ていると、何か言てよ、と言われ、我に返りかけた。思うところがあたが、それを口にしようとした瞬間、携帯電話の幻聴が聞こえて、僕は例によて走て逃げだしてしまた。
 だが家に帰て、落ち着き、冷静になり、言わなければならないことがあることに気付いた。
 なんとか自分を落ち着けて、キウコに電話をして呼び出した。
 言うことは決めてきた。一人暮らしの狭いアパートで、台詞を何度も練習してきたのだ。人生の分かれ道だ。絶対に失敗はしない。
 一度息を吸て、吐いた。
「あの、」
 情けない自分の第一声が発せられたと同時、突然、テーブルが小刻みに振動した。わずかにテーブルの端と接触していた腕がびりびり振るえる。キウコのスマホのバイブレーンだた。
 不機嫌そうに、彼女がそれを止め、こちらを睨みつける。
 僕の集中力はやぱり切れてしまた。勇んでいた心が急速にしぼんでいく。
「あのさ、なんなの、さきから黙て。何か言うことあるでし
「あの、あの、あの……
「いい加減にしてよ! あんた、パパになるんだよ!」
「あ…………
 怒鳴りながら立ち上がりそうになたキウコを見て、僕はもう、完全にパニクになた。
「け、け、け、け」
「け?」
「け、結婚、し、しよう」
 僕はその自分の言葉が遠くから聞こえて来る他人の声のように思えた。自分の体に血が通ている気がしなかた。
『お前が職場の同僚と浮気してるの知てるんだぞ、本当に俺の子なのか』――今日こそ言てやると思ていた台詞は結局言えないまま、僕は人生の分かれ道で結局その場から逃げるための安易な言葉を吐いてしまた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない