てきすとぽいトップページへ
第21回 てきすとぽい杯
 1  7  8 «〔 作品9 〕» 10  15 
 投稿時刻 : 2014.09.20 23:43
 字数 : 3699
5
投票しない
ナガレ
晴海まどか@「ギソウクラブ」発売中


 誰かの携帯電話が鳴た。
 着メロとかじなくて、聞こえたのはヴイブレーンの音だた。一回、二回、三回……それは十秒間くらいで聞こえなくなる。
 ゴーと音を立て、陸橋を電車が走り去ていく。その音が遠ざかると、やがて沈黙が落ちてきた。私たちは顔を見合わせるけど、街灯の光すら届かない高架下の河川敷で、互いの表情はよく見えない。
……誰なの?」
 最初に口を開いたのは紗々だた。暗くて見えないけど、いつだてリプグロスでつやつやぷるぷるさせているその唇が、ふるふるしているのが見えるようだた。紗々は勢いよく立ち上がてみんなを見下ろした。
「ケータイの電源、切るて約束したのに!」
 コンクリートで固められた護岸。そこに背を預け、まるで家のリヴングでテレビでも見ているようなくつろいだ格好で、ナガレはポツリと呟く。
「約束は、破るためにあるからな
 しうがない、とでも言いたげなその言葉に愕然としてしまう。
 世の中的にはそういうものかもしれないけど。
 この四人でもそんな世の中のオキテみたいなものが起こるかもしれないなんて、私は想像もしたくなかた。
 再び電車が近づいてくる音が聞こえてきた。首をめぐらせたら、片膝を立てて座ている七山さんと目が合た気がした。実際には、七山さんのメガネがぎらと光ただけで、やぱりその目は見えなかたわけだけど。
 私たち、運命共同体てやつじなかたのかい? ねそうだよね、ナガレ。

 そもそも、どうして私たちがそんな約束をしたのか。
 ナガレは昔から、大人たちに言わせれば「キレやすい子ども」だたんだという。あくまで本人談で、実際がどうだたか私は自分の目で見たわけじないけど、小学生の頃からの腐れ縁だという七山さんもそう言ていたので、間違てはいないと思う。小学生の頃に一度クラスメイトを、中学生の頃に一度他校の生徒を刺したという。どちも傷が浅く手を出したのは双方だたこともあり、ちと度のすぎたケンカとして曖昧に処理されたらしいけど。小学生の頃の事件は七山さんも目撃していたそうで、「あんなにためらいなく刃物を振り回す人間を初めて見た」と遠い目をして語ていた。ちなみに刃物というのは彫刻刀だたそうだ。小学生らしい凶器である。
 その話を聞いて、カとなると自分が何やてるかわからなくなるて感じ? と訊いた私に、ナガレは首を傾げた。
 ――別に。刺してもいいやて思た。
 ナガレは普段から飄々としていて、あまり感情の起伏がある方ではなかた。なので、なるほど、と私は妙に納得した。カとなて我も忘れて刃物を振り回すナガレなんて想像できなかたのだ。ナガレはあくまで飄々としたまま刺した。納得納得。
 当然ながら、ナガレの評判はよくなかた。親しく声をかけるのは、付き合いが長い七山さんだけだ。七山さんの彼女が紗々で、そんな紗々と同じクラスで一緒にいることが多かた私も自然とナガレと会話を交わすことが増え、いつの間にか四人でつるむのが普通になていた。
 ナガレは、私が知ている男の子たちとはまたく違た。不真面目で、反省て言葉を知らなくて、いつだて軽くて何も考えてなさそうで。どちらかといえばまじめで優等生の七山さんが、どうしてナガレなんかと仲良くしてるのか、学校では生徒も教師も含め不思議に思ている。
 でも、一度ナガレのキラを知ると、わかるなという感じがしてしまう。
 デキの悪い犬みたいなもんだ。面倒見てあげないとダメかなて思わされる部分がある。紗々はそれを、ボセーホンノーくすぐられる系? と表現していた。うまいこと言う。いかにも『母性本能』て漢字、書けなさそうな口調だたけど。ナガレに加えて、自他ともに認める天然オバカキラの紗々の面倒まで見るなんて、七山さんは本当に大変だと思た。
 そんな七山さんの負担を減らそうと思たわけじないけど。ぱと見、金に近い明るい茶髪のナガレは近寄りがたくて最初は恐々だたけど。話してみるとナガレは単純明快で、ま基本は大したことなんて考えてなくて、すごく楽な奴だた。ナガレと仲良くなたのは高二ももうすぐ終わりの頃で、進路がどうこう言いだした大人たちや学校の雰囲気がいやでいやでしうがなかた私にとて、ナガレの隣は唯一脱力できる場所になていた。ナガレがいて、七山さんと紗々がいて、そういう空間がすごく好きだた。
 そうやて春になて、間もなかた。
 ナガレが学年主任の武田を刺した。

「誰? 電源切てないの誰?」
 紗々は涙声になていた。
 落ち着きなよ、と声をかける。
「誰かの落し物のケータイが鳴ただけかもしれないじん」
 自分で言て、そりないだろうなと思た。こんな人気のない河川敷。誰がケータイ落とすてんだろ。
 紗々は制服のスカートからケータイを取り出すと、ぽいと足元に投げた。黒い塊が落ちて、草が少しだけ音を立てる。
「あたしのケータイは電源入てないよ!」
 みんなも早く出してよ! と紗々がヒステリクな声を上げた直後だた。
「僕だよ」
 七山さんが立ち上がた。その手にあるiPhoneは、デスプレイが煌々と光ている。
「さき、公園のトイレに立ち寄ただろ。そのとき、メールしたんだ」
 ケータイの電源を切ろうて最初に言たのは、七山さんだた。そのうち居場所を探されるかもしれないから、て。
「なんで?」
 考えたんだ、と七山さんは俯いた。
「このまま本当にナガレに付き合て、逃げるていう選択肢でいいのかて」
 なんで!? と紗々が七山さんのシツに掴みかかる。
「ナガレは、あたしのせいで武田刺したんじん! 悪いのは武田じん!」
「武田は悪い。でも、刺すことはなかた」

 生活指導でもある武田に、紗々とナガレは揃て呼び出されていた。それを教室で七山さんと私は待ていたのだけど。
 しばらくして、真青な顔をした紗々だけが戻てきた。
 どこからそんな噂が流れたのかわからない。紗々とナガレがクスリをやているんじないかとチクた奴がいたらしい。ナガレは煙草もお酒もやてたけど、でもクスリには絶対に手を出してない。ましてや紗々もそうだ。
 ナガレは反論するのもバカバカしいと思たのか、ずとガムを噛んでいたという。一方で事実無根だと反論したのは紗々で、武田はそんな紗々を見て、言たそうだ。
 親がいないと色々大変だな、と。
 紗々は幼い頃に事故で両親を亡くしていて、今は叔父夫婦のもとで暮らしていた。
 それまで黙ていたナガレがふいに立ち上がり、武田を刺したのはその直後だたという。
 七山さんとともに生徒指導室に行くと、うずくまて動かなくなている武田がいた。脇腹に突き立ているのはどこにでもあるようなハサミだた。七山さんが武田が生きていることを確認した。ナガレはドアの近くの壁にもたれ、表情のない顔をしている。
 ――……刺したの?
 訊いた私に、うん、といつもの軽い口調でナガレは頷いた。
 ――ほんとにクズだなと思た。俺もだけど。
 そんなナガレを見て泣きそうになた。
 一方、七山さんは意識を失ている武田のそばにしがんで考え込んでいた。一向に動こうとしないそんな私たちを動かしたのは、いつだて大胆な紗々だた。
 ――逃げよう。

 シツにしがみついた紗々の頭にそと手を乗せ、七山さんはナガレの方を見た。
「ここまで来て、やと俺、冷静になた」
「お前、昔から頭いいもんな」
 ナガレは笑た。
「悪いけど、お前の事情に、紗々を巻き込みたくない」
 うん、と軽く答え、ナガレは立ち上がる。すまない、と頭を下げた七山さんにしがみついたまま、紗々は嗚咽を漏らしていた。
「ここに、警察とか来るの?」
「多分」
 どうしよかな、と天を少し仰ぎ、ナガレは笑んだ。
「じ、俺、もう少し逃げてみるわ」
 ズボンのポケトに両手を突込んで。じね、とナガレはいつもみたいに、かたるそうに、歩いていく。
 呆然としてしまていた。七山さんが、私を見ていることに気がついた。
「ここにいた方が、いい」
 その言葉に、私は駆けだしていた。

 いつの間にか、ナガレの歩みは速くなていたらしい。河川敷をどこまでも歩いていきそうなその後ろ姿に追いつくのに、私は全力で走らねばならなかた。
 ナガレ、と声をかけると同時に、その腕にしがみついた。
「来ちたの?」
 のんびりとナガレは振り返て、足を止める。
「七山、頭いいからさ。あいつが言うことの方が正しいと思うよ、きと」
 七山さんが私に行くなと言たのも、聞こえていたんだろうか。
 なんとなく、ナガレは大きいようなイメージがあた。でもこうして背を丸めて歩いているのを近くで見ると、思いのほか小さく思えた。
「私はこちに来たいと思たんだよ」
 腕にしがみついている私はそのままに、ナガレは歩き出す。
「後悔するんじない?」
「いいよ別に。人生のうちの、ほんの一瞬のことでし
「悟たこと言うね」
 ナガレの名前は、漢字で書くと『流』だ。
 一緒に流されていてみたらどうなるか。そんな好奇心に突き動かされて、私もゆくりと足を前に進める。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない