てきすとぽいトップページへ
第21回 てきすとぽい杯
 1  5  6 «〔 作品7 〕» 8  15 
誰がために腹は鳴る
 投稿時刻 : 2014.09.20 23:41
 字数 : 1150
5
投票しない
誰がために腹は鳴る
しゃん@にゃん革


 誰かの携帯電話が鳴た。
 秋の訪れた街並みは、どこか切なげで、それでいて穏やかだ。
 ふだんは自宅にこもりがちな僕だたが、その日は原宿を歩いていた。
 すれちがう人のなにげない電話の会話、そしてにぎやかな雑踏。
 人ごみは好きじない。
 お腹がきと痛み、またかと僕は思う。
 きと朝食べた照り焼きバーガーがいけなかたのだ。

 目指すのは、明治通り沿いにあるベトナム料理屋。
 フをメインにするその店で、僕はこれからあることを試すのだ。
 自分が何者なのか知るために、とめどない人の群れをかきわける。
 以前、カプ麺を食べただけでトイレにこもたことがある。
 それならば、理屈としてはフて同じ目に遭うだろう。
 でも、もしちがたら?
 それは、きとあの医者の話が正しいということだ。

 数日前、僕は内科で診断を受けた。
 風邪気味で具合が悪かただけなのだけど、恒常的にお腹の具合が悪いのだと、うかり話してしまたのが悪かた。
 ともかく365日24時間は大袈裟だとしても、326日12時間くらい僕のお腹はぺいんぺいんだ。
 それもそのはず、医者が言うには、そもそも僕の身体は和食に合わないのだという。
「あなたは、どうやらベトナムの人のようです。ほら、あそこてフランス文化も混ざていて、意外と舌が肥えているんですよ。日本人以上に繊細な味覚の持ち主といたら、ベトナム以外にないと思いますね」
 味覚の話なんてしていなかたが、一つだけ思い当たる節がある。
 それは幼い頃から、好奇心で潜り込んだ飛行機が、日本の基地に着陸する夢を見ること。
 思えば、僕が生まれ育た街には基地があた。
 ああ、そういうことか。
 胸の奥から湧いてくる納得という言葉を必死で抑え込む。
 
 店に着き、牛肉のフを平らげた。
 テーブルに座たまま、コンデンスミルクの入たコーヒーを飲みながら反応を待つ。
 10分、20分・・・?
 来た・・・いつもの、ぺいんぺいんがやて来た。
 あのやぶ医者め、と呪いの言葉をつぶやきながら、僕はトイレに駆け込んだ。
 一体、誰がベトナム人だ?

 が、用を済ませた後で押し寄せたのは、腹痛ではなく後悔だた。
 トイレの壁には、一枚のポスター
 そこには、信じられない光景が写ていた。
 男性と思しき手の平の上に、4本脚で立つバンビのような小動物。
 まさに手乗り鹿と呼ぶにふさわしい生き物が、そのポスターには使われていた。
 
 もふもふを超越したその愛らしさ。
 僕はテーブルに戻ると、決意した。
 フの追加注文だ。
 ベトナム料理に免疫をつければ、僕は医学的にベトナム人であると保証されるにちがいない。
 男には勝負をする瞬間が、いつかは訪れる。
 すべては手乗り鹿を飼うために。
「メニの品、全部持てこいやー
 僕は叫びつづけた。
 Wordで言えば、72pボルドーくらいの大きさで。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない