てきすとぽいトップページへ
← 前の作品へ
次の作品へ →
作品一覧
 投稿時刻 : 2014.10.26 22:39
 字数 : 828
5
投票しない


作品を表示
コメント
プロフィール画像
2014.10.27 13:43
渡辺一斗 @kazutowatanabe3
有りがちな話だけど、共感できる。途中で「落ち」は想像できたけど、それでも読み終えた時に「うんうん」と共感してしまう自分は、携帯などない時代に青春時代を送ったからであろうか。
※ 追記(2014.10.28 11:08)
世代のギャップを上手に取り入れた、とても良い作品だと思います。

2014.10.28 11:08
渡辺一斗さん のコメント に、追記がありました。

プロフィール画像
懐かしくて、なんだか追体験をしている感覚でした。そして最後の部分、胸の奥の方にストンとはまるような幸福が垣間見えて、あたたかい気持ちになりました。とても心地よく読める作品ですね。

プロフィール画像
※ このコメントには、作品の展開や結末に関する内容が含まれています。
コメント本文を表示する
わかりやすくて、よいです。
奇跡と先にあるので、お母さんである「私」は、結局はじめから彼が好きだったんだよね、というのがツッコミどころか。

コメント前に
する
ネタバレを含む