てきすとぽいトップページへ

プロフィール画像
伊守 梟(冬雨)
@fukuro_imori

居場所    : Tokyo / Japan
ホームページ : https://t.co/ExRoFy7pEL

自称重量級恋愛小説創作人です。
からだとこころは相変わらず弱いままだけれど、少しだけ書いてみたいことができました。
読んでいただけると幸せです。
★小説家になろう http://t.co/bzd3RkzTI0
★カクヨム https://t.co/UehKVc1uw6
エントリー作品
【名作の書き出しは必ず名文】
穢れなき喪失(7063字)投稿時刻 : 2017.08.20 17:08
(1)檸檬 / 梶井基次郎
 えたいの知れない不吉な塊が私の心を始終おさえつけていた。それは私を喰らい...
【「覆面作家」小説バトルロイヤル!】
清らかな隔壁(6770字)投稿時刻 : 2017.07.08 19:53
 お題:不倫/懊悩
 重たい雲が空を覆っている。雨が降りそうな気配はまだないけれど、一度降り出...
【初! 作者名非公開イベント2016秋】
アメノヒ(1458字)投稿時刻 : 2016.08.10 10:37最終更新 : 2016.08.21 19:12
 カーテンを閉め切って、私はベッドの中で丸くなっている。積み重ねてきた思い出と数々の失敗がフラッシュバックして、私は憂鬱になる。あれから彼は連絡をしてこ...
【来たれ てきすとぽい作家! 800字小説バトル】
曇天(800字)投稿時刻 : 2014.10.15 00:11
 御殿場駅の駅前広場で地元の女子高校生ふたりがベンチに座って話をしている。僕は沼津からの帰りで、夕刻に発車するロマンスカーを待っている。切符を買うついで...
【第2回 クオリティスターター検定】
ジョーカー(4140字)投稿時刻 : 2014.10.19 00:12
 彼が死んで悲しむような者がいるのだろうか。
 彼はろくでもない人間だった。酒も飲んだし博打も打った。女についていえば半...
【第10回 てきすとぽい杯〈平日開催〉】
滅亡の日(1385字)投稿時刻 : 2013.10.18 23:28最終更新 : 2013.10.18 23:39
 その臭いが死体から出ているものだと知ったとき、僕は戦慄を覚えた。
 僕は、地球最後の人間になってしまった。 ...
【第8回 てきすとぽい杯〈夏の24時間耐久〉】
泣かなかった日(1000字)投稿時刻 : 2013.08.18 00:23最終更新 : 2013.08.18 04:25
 ぼくはおかあさんに買ってもらった金魚ばちを見ている。中には金魚が三びきいる。きょねんの夏まつりでぼくがはじめてすくった金魚だ。 ...