てきすとぽいトップページへ
来たれ てきすとぽい作家! 800字小説バトル
 1  11  12 «〔 作品13 〕» 14 
オノデラさんのはなし
kenrow
 投稿時刻 : 2014.10.26 23:56 最終更新 : 2014.10.26 23:58
 字数 : 800
5
投票しない
更新履歴
- 2014.10.26 23:58:46
- 2014.10.26 23:56:27
オノデラさんのはなし
kenrow


 煤けたトロコで廃線跡を進んでいくと、緑の街が見えてくる。
 かつて炭鉱で栄え、今は誰も住まない街。ひび割れたアスフルトの隙間を、公営住宅の壁面を、草木が覆い尽くしている。捨てられた大地で、どこから種子が来たのかもわからない。けれどその場所は確かに、生命の残る街だた。
「研修時間は午後の三時まで。あまり遠くまで行かないようにしてね」
 教師がそう告げると、生徒は皆スケチブクを片手に駆け出していく。教科書や文献でしか見たことのない世界が、広がているに違いなかた。けれど私の興味からは外れていた。旧駅前広場に一人残り、ボロボロのベンチに腰掛ける。背もたれに身を委ねて、時間いぱいやり過ごそうと決意する。
「何をしているの、カサイさん」
 声をかけられて振り向くと、防護マスクをつけた女子生徒が立ていた。女子だと分かたのは制服のおかげであり、顔は判別できない。そもそも顔を覚えているクラスメイトの方が少数だた。
「別に何も。あなたこそどうして残ているの?」当たり障りのない声色で返してやる。
 質問に彼女は答えなかた。答えずに「マスク」と、私の手元を指差してきた。
「それ、付けなくていいの?」
「ああ。これね」マスクを翻しながら鼻で笑た。
「いいよこんなの。この辺はあまり危険じないぽいし」
 彼女は何かを言おうとしたが、やがて踵を返して立ち去る素振りを見せた。しつこいようなら強行策を取るつもりだたが、手間が省けたなと密かに安堵する。
 けれど彼女は、その場から動こうとしなかた。
 やがてもう一度向き直たかと思うと、マスクを外して私の隣に座り込んできた。
「ねえ、私も一緒に描いてもいい?」
「描くて、何を」
「もちろんこの街を。ここからなら全体を見渡せるもんね」
 独り占めなんてずるいよと付言して、彼女は画材を手に取た。
 その日、絵を描かずにサボるつもりだたことは、親しくなるまで言えずじまいであた。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない