てきすとぽいトップページへ
来たれ てきすとぽい作家! 800字小説バトル
 1  12  13 «〔 作品14 〕» 15 
 投稿時刻 : 2014.10.26 23:58
 字数 : 824
5
投票しない
あれ
しゃん@にゃん革


 僕が通う高校は、少々変わた場所に建ている。
 ある種の人にとてそれはベストロケーンではあるが、別の人にとてはそうじない。
 僕は残念ながら後者のタイプで、2年間学校に通ているのに、時折背筋が凍る思いをすることがある。
 教室には当然、窓があて、ふと見ればよく晴れた秋空が広がている。
 放課後が近いから、少し暮れなずんでいる。
 そんな風に、僕は淡々と外の風景を眺めるのが好きなのだ。
 余計なものなど、なくていい。
 せかく田舎町に住んでいるのだから、空と枯葉をつけた木々が見えれば充分だ。

 そもそも学び舎とは、一体なんだろう。
 勉学を身につけるために、集中する場だよね。
 校歌にだて、それに近い歌詞がついている。

「ほら、伊藤。人生は山あり谷ありだ。がんばてレールに乗たつもりでも、先なんて分からんぞ」
 この学校の教師たちは事あるごとに窓の外を指差し、そんなことを口にする。
 伊藤が長谷川や御手洗に差し換わることはあても、話している内容は変わらない。
 窓の外のあれは、教師たちの目にもやはり象徴的なものに映るんだろうね。
 絶頂と底辺。
 あれの構造は、その連続だ。

 やれやれ、人生があれと同じだてなんて、どうしてわざわざ口にするのかな。
 大人の感覚て、不思議だね。
 それよりも不思議なのは、あれが好きだて人たちだ。
 まるで電車を待つみたいに平然と順番待ちをしたりするけれど、あれのどこが楽しいというのだろう。
 人生は平穏が一番だ。
 あれが人生と同じだというなら、教師たちもそんな道を歩めばいい。

 本当、あれを見ていると、僕はさまざまな矛盾を感じて切なくなていく。
 小さな車両がことことと地上97mまで登ていき、一気に下る。
 教室から見ていても、胃がせりあがてくる光景だ。
 世の中て、考えてみたら適当だよね。
 よりによて、遊園地の隣に学校を建てちうなんて。
 田舎だから土地はあるはずなのに、これも試練なのかな。
 卒業までの一年半、永久につづくレールに乗ているみたいだよ。
← 前の作品へ
次の作品へ →
5 投票しない